文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 12月24日(日)付け紙面より

自作ドレス披露 生徒成果に拍手

 鶴岡市の鶴岡中央高校(伊藤吉樹校長)の総合学科発表会が22日、同校体育館で開かれ、生徒たちがこれまで取り組んできた学習の成果を発表した。

 同校は総合学科と普通科の2科制。このうち総合学科では家政科学、情報科学、国際交流、美術・デザイン、社会福祉の5系列があり、生徒たちは進路に合わせた授業に取り組んでいる。発表会は生徒たちの学習の成果を発表する場として毎年開催している。

 この日は総合学科1―3年生と普通科1、2年生、保護者、教職員など約800人が出席。1年生のインターンシップ、2年生のキャリア体験学習の取り組み発表に続いて、3年生の各系列代表者がテーマに沿って調査・研究・作品制作などに取り組む「課題研究」の発表を行った。

 家政科学系列被服系の生徒はシルクガールズプロジェクトの取り組みを発表。桜やメロンの草木染に挑戦したことや自作ドレスのファッションショーを行ったことを紹介し、「的確な指示ができずに思い通りに作れなかったり、計画的に作業ができなかったりと反省もある。鶴岡シルクを広く伝えるためにも活動継続が大きな課題」と話した。発表後、生徒たちが本年度の作品の一部を披露。ドレス姿で登場すると来場者から大きな拍手が送られた。

 一方、美術・デザイン系列の作品展は24日(日)まで鶴岡アートフォーラムで開かれている。

ステージで鶴岡シルクのドレスを披露する生徒たち
ステージで鶴岡シルクのドレスを披露する生徒たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field