文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 12月26日(火)付け紙面より

善寳寺で年末恒例「すす払い」

 龍神を祭り、全国の漁業関係者の信仰を集める鶴岡市下川の龍澤山善寳寺(五十嵐卓三住職)で25日、年末恒例の「すす払い」が行われた。僧侶らが長いササぼうきで本堂にたまったほこりを払い落とし、初詣客を迎える準備を整えた。

 頭に手拭いを巻き、マスクを着けた僧侶や修行僧など合わせて約20人が午前8時すぎから作業開始。本堂内のさい銭箱や仏具に新聞紙をかぶせた後、約5メートルのササぼうきを手に取り掛かった。天井付近にある梁(はり)や照明、天蓋幢幡(てんがいどうばん)などの装飾に、ササの葉をはわせるようにしてほこりを払った。

 百瀬良鷲さん(48)は「一年間ご参拝いただいた皆さまに感謝の念と、また混雑の中初詣大祈祷(きとう)にお参りくださる方々のために思いを込めた。特に今年は全国的な不漁。こういう時だからこそと、多くの漁業者の方々から足を運んでいただいた。さらに精進していきたい」と話していた。

 同寺では正月三が日、参拝客への甘酒振る舞いを初実施。初詣客は7万人を見込んでいる。

ササぼうきでほこりを払う善寳寺の僧侶ら=25日午前
ササぼうきでほこりを払う善寳寺の僧侶ら=25日午前



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field