文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 4月25日(水)付け紙面より

北前船航路の港の風景描く

 本紙「荘内日報」に「北前船航路の旅―日本海の風景」を連載していた東北公益文科大名誉教授の高橋英彦さん(酒田市)による絵画展「港の風景画展―高橋英彦が描いた北前船航路」が24日、酒田市の県酒田海洋センターで開幕。初日午前から鑑賞者が大勢訪れ、作品に見入っていた。

 高橋さんは東京都出身で、慶應義塾大経済学部卒。三菱商事でバグダッド駐在員、ナイロビ駐在事務所長などを歴任後、国連薬物統制計画(UNDCP・当時)のインド事務所長、南アジア地域事務所長。その後、三菱総合研究所客員研究員、日豪ニュージーランド協会専務理事などを務めた。2001年に公益大教授に就任し現在、名誉教授。

 「北前船―」は15年1月から隔週で連載。自ら描く2、3枚の水彩画と文章で、江戸期には遠隔地交易の主役だった「北前船」の停泊地を紹介、好評のうちに終了した。

 同センターでの個展は2016年に続き2回目。今回は高橋さんが描いた港の水彩画16点を展示している。B4サイズの用紙を横に4枚つなげパノラマ状にした「酒田本港俯瞰―最上川河口風景」は、酒田の中心市街地、港内を行き交う船舶、遠く望む山々を見事に写生、水彩らしい色合いの作品となっている。北前船の中継地だった鶴岡市の加茂漁港を描いた「雪晴れ 天然の良港加茂にて」は船上で働く漁師の描写が細やか。訪れた人は一点一点に見入っていた。入場無料。展示は6月3日(日)まで(月曜休館)。

高橋さんによる港の絵画を集めた作品展
高橋さんによる港の絵画を集めた作品展



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field