文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 1月14日(日)付け紙面より

タイから来月 庄内などへ東北観光ツアー

 東北地方への外国人観光客の誘致を推進している一般社団法人「みちのくインバウンド推進協議会」(熊谷芳則理事長)の臨時会議が12日、酒田市のホテルリッチ&ガーデン酒田で開かれ、来月にタイ・バンコクから仙台空港に訪れるチャーター便の東北観光ツアーの成功に向け、受け入れ体制を確認した。また、タイの旅行会社の関係者から、今年10月後半にもバンコク―仙台間の直行便が復活する可能性があるとの情報が紹介された。

 同推進協は2015年9月、庄内を拠点に東北の観光、行政の関係者らが設立。当面はタイをターゲットに、テレビ局の撮影クルーや旅行会社のモニターツアーでPRしながら実際のツアーも実施し、東北の魅力の浸透を図っている。

 2月のツアーは、同推進協が関わる初のチャーター便で、これまで同推進協に全面的に協力しているタイの旅行会社「ワールド・プロ・トラベル」が中心になって企画。2月7―12日の5泊6日の日程で、タイ航空やテレビ局関連を含め同国の旅行会社6社が計約280人のツアー客を連れ、旅行会社ごとの6コースで東北各県を巡る。本県では、酒田市の中通り商店街での海鮮バーベキューや同市内のホテルでの歓迎パーティーをはじめ、鶴岡市のあつみ温泉(宿泊)、大蔵村の肘折温泉(同)、新庄市(雪遊び)、戸沢村(最上川舟下り)などを訪れる予定。

 この日の臨時会議には約30人が出席。ワールド・プロ・トラベルのルンナパ・カンパヤ社長が今回のツアーについて「モニターツアーの恩返しで企画に加わった旅行会社もあるが、東北に魅力がなければ来ない。皆さんの努力の成果。東北全体に行くわけではないが、他の季節にまた来てもらえるよう、ぜひ成功させよう」と呼び掛けた。

 カンパヤ社長はまた、タイ航空の幹部から最近、「今年10月後半ごろから、バンコク―仙台間の臨時便がまた飛び始める可能性が高い」という情報を得たことを紹介。「直行便が飛んだら、タイから大勢の観光客が来る。特産品の輸出などいろんな波及効果も考えられる」とした。

 バンコク―仙台間の直行便は2013年12月から14年3月まで週3回の定期便があったが、その後、休止。今回、カンパヤ社長が言う「臨時便」とは、定期便に準じるプログラムチャーター便のことで、利用の推移を見て定期便に昇格する可能性があるという。

 タイとの直行便は現在、北海道はあるが、東北地方にはないため、これまでのツアーは東京経由で二次交通費がかさみ、「東北は日本で最も高額なツアー」(カンパヤ社長)となっている。しかし、仙台の直行便が復活すれば、利便性が高まり、タイからの東北ツアー客が大幅に増える可能性があるという。
 熊谷理事長は冒頭のあいさつで「政府が掲げる訪日外国人の目標(2020年に4000万人)は東北に入ってこないと実現できない。6県で力を合わせ、頑張ろう」と結束を呼び掛けた。

来月のチャーター便の受け入れに向け、対応を確認した臨時会議
来月のチャーター便の受け入れに向け、対応を確認した臨時会議



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field