文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 2月1日(木)付け紙面より

水道管凍結・破裂相次ぐ 水抜き栓操作で防止呼び掛け

 強い寒波による1月24日からの厳しい冷え込みで、庄内地域の広い範囲で水道管の凍結や破裂が相次ぎ、住民生活に影響が出ている。鶴岡市では水道工事業者が凍結・破裂に対応した件数が合わせて1000件、酒田市では700件を超えており、業者側の対応が追い付かない状況。業者側からは「近年ないこと。災害として捉えている」との声も聞こえる。山形地方気象台によると、今後10日間程度は平年に比べ気温が低い日が多くなる見込みで、各市町は水抜き栓の操作による凍結・破裂防止を呼び掛けている。

 鶴岡市は30日午後、凍結・破裂の多発を受け、関係部長による緊急の対策連絡会議を開き、対応を協議した。同市上下水道部によると、24日夜から水道管凍結の電話連絡が同部に多く寄せられるようになった。30日午前中までに、同部にあった市民からの問い合わせは凍結218件、破裂203件で、水道工事業者からの報告では凍結対応620件、破裂対応441件に上っている。1業者当たり30―50件以上の対応に追われ、対応待ちの家庭も多いという。

 気象庁のデータでは、鶴岡、酒田ともに24―26日に最低気温が氷点下6度前後となり日中も最高気温が氷点下の真冬日が続いた。その後、28日に冷え込みが緩んだため、凍結して破裂した水道管からの水漏れが多発したとみられる。両市によると水道水の配水量が例年の1・5倍ほどに急増しており、破裂による漏水や凍結防止のための蛇口からの水の出しっ放しが原因とみられ、家庭への水道給水や消火用水確保への影響も懸念されている。

 鶴岡市は緊急の対策連絡会議で、水道配水池の水位の監視体制を強化するとともに、市の防災行政無線や消防車両、ホームページなどで凍結・破裂防止の広報実施を決めた。注意点として▽水抜き栓の適切な操作▽凍結した場合は、部屋を暖めて蛇口をタオルで覆ってお湯を掛ける▽破裂した場合は、水抜き栓を閉めて水を止め、近くの業者に修理を依頼する―などを挙げている。

 鶴岡市では水抜き栓の位置や操作方法が分からない場合などは、相談窓口となる市上下水道部=電0235(23)7731=へ問い合わせてほしいと呼び掛けている。同市は「業者が凍結・破裂に集中して対応できるよう、市発注工事の工程を変更するなどの対策も検討する」と話している。



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field