文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 3月10日(土)付け紙面より

町田氏の人柄と功績しのぶ 各界800人参列、鶴岡で「お別れの会」

 荘内銀行頭取や東北公益文科大学長などを務め、今年1月30日に79歳で死去した町田睿氏のお別れの会が8日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれた。県内の行政や経済など各界のトップら約800人が参列し、地域活性化、人材育成に尽くした故人をしのび、感謝の気持ちを込めて別れを告げた。

 お別れの会は上野雅史荘内銀行頭取、故人の妻で喪主の圭子さんが開き、故人の長男・元さん、次男・収さん、弟・侃さんらと共に参列者を迎えた。会場には白い花々で囲んだ柔和な笑顔の遺影と、2014年11月に受章した旭日小綬章の勲記と勲章を掲げた献花場が設けられた。セレモニーはなく、若松正俊副知事、皆川治鶴岡市長、町田氏の後を引き継ぎ荘内銀行頭取を務めた國井英夫庄交コーポレーション社長ら、県内各地から訪れた人が白いカーネーションを1輪ずつ献花。遺影に語り掛けるように静かに合掌し、冥福を祈る人々の姿が続いた。

 献花場の隣では町田氏の足跡を伝えるパネルや夫人と共に登った月山の写真、現職時代の姿や家族との日々などの映像も紹介され、功績と人柄をしのんだ。

 参列した公益大理事長の新田嘉一平田牧場グループ会長は「町田さんは多くの人から慕われ、町田さんがいなかったら、庄内地域はここまで来ることができなかった。晩年は『庄内に来て幸せだった』と話していた。今は寂しいの一言に尽きる」と静かに語った。長谷川吉茂山形銀行頭取は「荘内銀行のまさに中興の祖。先を読む目を持ち、存在感のある人だった」、粟野学きらやか銀行頭取は「自分の考えを貫き、町田さんでなければできなかった改革を成し遂げ、精いっぱい生き、時代を駆け抜けた方だった」としのんだ。

 お別れの会終了後、故人の長男の町田元さんは「鶴岡で15年間お世話になり、家族にも鶴岡は第二の古里だと常々言っていた。多くの方に献花をいただき、父がいかに皆さんから愛されていたかということを、あらためて感じた。皆さまから『残念でした』と心からの言葉を頂き、遺族としてとてもうれしく思い、幸せな人生を送らせていただいたことに感謝します」と話した。

 町田氏は秋田県出身で、秋田市でも6日にお別れの会が開かれた。

町田氏の人柄と功績をしのび、約800人が献花に訪れたお別れの会=8日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡
町田氏の人柄と功績をしのび、約800人が献花に訪れたお別れの会=8日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field