文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 3月20日(火)付け紙面より

余目酒田道路全線開通

 国土交通省が庄内町廻館―酒田市東町間で整備を進めてきた「国道47号余目酒田道路」12・7キロのうち、南東側約半分に当たる廻館―酒田市新堀間6・8キロが完成し18日午後4時、供用された。2015年11月に供用された北西側の新堀―東町間5・9キロと合わせ、余目酒田道路はこれで全線開通となり、庄内町余目地区の渋滞緩和や、酒田港と内陸、宮城・福島方面との物流、観光の振興など多面的な効果が一層発揮されると期待されている。

 余目酒田道路は、新庄市と酒田市を結ぶ延長約50キロの地域高規格道路「新庄酒田道路」の一部として1999年12月に整備区間に指定され、2004年4月に事業着手、06年11月に着工した。

 庄内町廻館の国道47号から北西に向かい、余目東、余目、新堀の各交差点を経て、最上川を庄内中央大橋(延長685メートル)で越え、小牧、酒田中央、四ツ興野の各交差点を経て国道7号にタッチする。酒田中央では日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の酒田中央インターチェンジにアクセスする。設計速度は80キロ、供用は暫定片側1車線。総事業費は588億円。今回供用の廻館―新堀間は、余目地区の中心部を西側に迂回(うかい)する自動車専用道路。

 この日は午後1時から庄内町役場西庁舎で、国土交通省東北地方整備局と県、庄内町、酒田市の4者の主催による開通式典が行われ、地元選出国会議員や庄内・最上両地方選出の県議、市町村長らの来賓、地権者ら約180人が出席した。

 吉村美栄子知事はあいさつで「新庄酒田道路は庄内と内陸を結ぶ大動脈。東北中央自動車道や日沿道などと格子状骨格道路のネットワークを形成し、本県の産業振興や観光、地域間交流を促進し、緊急医療など命の道としても大きな役割を果たす。今回の開通で庄内と最上のアクセスが格段に改善され、酒田港の振興、観光ルート拡大などの効果が発揮されると期待」と述べた。

 原田眞樹庄内町長、津田修一東北地方整備局長のあいさつ、加藤鮎子衆院議員、大沼みずほ参院議員の来賓祝辞などに続き、阿部武敏庄内町観光協会長が「観光振興で高規格道路は重要。新庄酒田道路が早期全線開通し、庄内の交流人口拡大、経済活性化につながると期待」と意見発表。丸山至酒田市長が「新庄酒田道路は日本の国力発展にも貢献する。開通の効果を全国に広げたい」と謝辞を述べた。

 引き続き、庄内町常万の余目東交差点で、吉村知事や関係市町の首長、志田英紀県議会議長、余目一小5年の後藤崇仁君、余目二小の齋藤倖裟さんら10人がテープカットやくす玉開披で開通を祝った。関係者が車両約40台に乗り、余目交差点までパレードした。

 この日は酒田市四ツ興野―東町間で進めていた道路拡幅(片側2車線化)で、残っていた四ツ興野側の約400メートル区間も供用された。

テープカット後、余目交差点から約40台の車両がパレード=18日午後2時15分ごろ
テープカット後、余目交差点から約40台の車両がパレード=18日午後2時15分ごろ


2018年(平成30年) 3月20日(火)付け紙面より

「荘銀タクト鶴岡」グランドオープン N響が新会館の誕生を華やかに飾る

 鶴岡市が整備した「荘銀タクト鶴岡」(市文化会館)が18日、グランドオープンした。こけら落としとしてNHK交響楽団による公演が行われ、国内最高峰の演奏を響かせ、新会館の誕生を華やかに飾った。

 約1100人の満席の中、演奏に先立ち、皆川治市長が「トッププロから中高生が指導を受けたり、リハーサルを聴いたりする機会もあり、地域の音楽を担う子どもたちが育っていくのを強く感じた。市民が待ち望んだ新文化会館の生音の響きを堪能してほしい」とあいさつした。

 演奏は尾高忠明さんが指揮、ピアニストの仲道郁代さんがソリストを務め、モーツァルト「ピアノ協奏曲第20番ニ短調K・466」、ブラームス「交響曲第1番ハ短調作品68」を披露。演奏が終了すると「ブラボー」の歓声と大きな拍手が湧き起こり、尾高さんは「素晴らしいホールで、皆さんの熱気が伝わってきた。毎年でもN響の演奏をやりたいくらい」と舞台上から語り掛け、アンコール曲を演奏した。

 終演後にサイン会を開いた仲道さんは「ピアニッシモでも素直に音が伝わる、とてもすてきなホール。1100席もあるとは思えないほどお客さんが近く、舞台と客席の一体感がとても良かった」と新ホールでの演奏の感想を語った。

 友人と鑑賞した庄内町前田野目のピアノ講師、高橋由衣さん(24)は「N響も仲道さんの演奏も素晴らしくて幸せな感じだった。2階席だったが、舞台が思っていた以上に近くて弦楽器の響きの迫力も感じられ、音色が間近に感じられた。何度でも来たい」と感激した様子で話した。

 この日午前は、同ホールで最終リハーサルがあり、鶴岡田川地区の中学、高校吹奏楽部の部員約180人が鑑賞。前日の17日午後には、公演に出演したNHK交響楽団の団員によるクリニック(演奏指導)も行われ、約70人の中高生が参加してトランペット、トロンボーン、ホルン、フルートの4つの楽器の指導を受けた。

 生徒たちは国内トップクラスの奏者から基礎を学び、「どこにいる人にどんな音色を届けたいか常に考えながら吹いて」「力まずリラックスして」と普段の練習段階からの心構えやブレスの仕方などの指導を受けた。トランペット奏者の山本英司さんの指導を受けた鶴岡東高2年の林下萌さん(17)は「間近に音を聴くことができて感激した。力を抜いて吹くこと、ブレスの大切さをあらためて知り、とても勉強になった。いつもの練習から取り入れていきたい」と話していた。

荘銀タクト鶴岡のこけら落とし公演で演奏を披露したNHK交響楽団
荘銀タクト鶴岡のこけら落とし公演で演奏を披露したNHK交響楽団



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field