文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 3月30日(金)付け紙面より

LCC就航計画 庄内空港へ定期便

 格安航空会社(LCC)のエア・リージョナル・ジャパン(東京、平賀清一社長)が、庄内空港と成田、関西の両空港とを結ぶ新たな定期便の就航を計画していることが分かった。同社は2020年春の就航を見込み、庄内―成田、庄内―関空の2路線で、それぞれ1日2往復の運航を目指している。航空運賃は庄内―成田の片道で数千円から1万2000円程度を想定している。

 エア・リージョナル・ジャパンは昨年11月に設立。同社によると、20年春から庄内、秋田の両空港と成田、関空の間に、いずれも1日2往復の運航を計画。庄内、秋田に続いて米子空港(鳥取県)などへの就航も視野に入れ、日本海側に地域航空のネットワークを拡大する考え。

 使用する機材は現段階では、欧州の航空機メーカー・ATR社製の70席程度のターボプロップ双発機の導入を予定している。

 今後、国土交通省から定期航空運送の許認可を得るための手続きを進める。庄内など就航を予定する地域の関係者に出資の呼び掛けを行う方針で、庄内地域の関係者に対しても就航に関する説明会を開きたいとしている。

 庄内―羽田の東京便は現在、全日空が1日4往復運航している。搭乗率が高く、曜日や便によってはチケットが取りにくいなどの状況がある。地元では5便化やダイヤ改善、運賃の引き下げなどを要望しているが、羽田空港の発着枠確保は困難な現状にある。一方で、成田空港と都心間の交通アクセスの利便性が向上していることもあり、ビジネス需要だけでなく観光誘客対策としてのLCCの就航を望む声も上がっていた。

 エア・リージョナル・ジャパンは「高速交通網の中で、庄内での航空ニーズは高い。地域の理解を得て、地域活性化に役立ちたいと考え、2年ほど前から構想を固めてきた。地域の人々が利用しやすく、観光客やインバウンドの誘致にも役立つ路線にしたい。庄内での説明会も可能な限り早いタイミングで行いたい」と話している。



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field