文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 4月18日(水)付け紙面より

庄内春らんまん 各スポット見頃

 庄内地方は17日、朝から青空が広がる好天となり、各地の桜の名所はゆったりと花見散策を楽しむ人たちでにぎわった。例年より開花が早かった鶴岡公園(鶴岡市)は満開状態が続いており、北部の日和山公園(酒田市)や中山河川公園(遊佐町)のスポットも見頃となり、庄内は春らんまんの季節を迎えた。

 鶴岡公園は12日に見頃に入ったが、花冷えの日が続いたこともあり、満開状態が“長持ち”している。17日は、穏やかな陽気に誘われて大勢の花見客でにぎわった。露店を巡りながら、日が差し込む桜の回廊をゆったりと歩き、春うららの日を満喫していた。17日現在、鶴岡では1・5キロの桜並木が続く赤川土手はほぼ満開。馬渡川沿いと隣接するやすらぎ公園のさくら回廊も見頃に入った。日和山公園は満開状態。遊佐町直世地区の中山河川公園はほぼ満開状態という。

 土手の桜並木が見頃を迎えた酒田市の新井田川では、酒田湊観光企画(同市、佐藤清社長)が観光屋形船「みづき」の特別運航を実施している。

 県内各地で開催中の『山形日和。』花回廊キャンペーン(6月30日まで)の協賛事業の一つ。今回の特別運航は「湊町酒田のお花見屋形船と山居倉庫」と銘打ち、庄内観光コンベンション協会の後援を受けて企画。

 晴れ渡った17日午前中の便には、県内各地から訪れた44人が乗船。雪を抱いた鳥海山を遠く望みながら、船上からの花見を満喫していた。

 特別運航は22日(日)まで。乗船料は大人(中学生以上、通常1980円)が1000円、小学生(通常980円)が500円。予約不要で乗船できる。各日とも午前10時半、午後1時、同3時の3回、乗降場所の同川に架かる山居橋たもとを出発する。

 問い合わせは酒田湊観光企画=電0234(21)8015=へ。

絶好の花見日和となり、花見客でにぎわった=17日午前、鶴岡公園
絶好の花見日和となり、花見客でにぎわった=17日午前、鶴岡公園

満開の桜の中、滑るように新井田川を運航する「みづき」=17日午前
満開の桜の中、滑るように新井田川を運航する「みづき」=17日午前



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field