文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 5月13日(日)付け紙面より

「ぶら探酒田」スタート

 酒田市内を歩いて探索する「ぶら探酒田」の本年度第1回が12日、市中町にぎわい健康プラザ前(中町モール)発着のコースで行われた。「ここにあり!商人の町酒田」をテーマに、市民が市観光ガイド協会員の案内で中心部を散策、酒田の魅力を再発見した。

 より多くの市民からあらためて酒田の良さを知ってもらおうと、酒田商工会議所が、ガイド協会、湊町さかた探検隊(隊長・温井亨東北公益文科大教授)の協力で2015年度から実施しているウオーキングイベント。4年目となった今年も8月を除く11月まで月1回、第2土曜日に開催。ルートは全て同探検隊員が策定している。

 この日は、きれいに晴れ渡り、心地よい風が吹く絶好の探索日和となり、市民ら約150人が参加。中町モール大屋根下の水遊び施設で噴水の上がる様子を見学した後、伊勢両宮社前に立つ名残の松、市道路元標(げんぴょう)など酒田らしい景観を見て回った。

 参加者は、ガイド協会員による「伊勢両宮社(中町一丁目)は酒田大火後に移築した。以前は天満宮近くにあったらしい」「道路元標のある箇所には以前、飽海郡役所があった」といった案内に聞き入り、酒田について理解を深めた。齋藤光也さん(64)=同市旭新町=は15年5月の初回から1回も欠かすことなく参加。「18回連続。健康に自信がなかったため、歩きたいと思って毎回参加している」と話した。

 次回は6月9日(土)で、テーマは「発見!『新井田川の知られざる事実?!』」。前田製管本社ビル川向かい駐車場を出発し亀ケ崎城跡、山居倉庫、河岸八丁などを歩く。スタートは午前9時。参加費無料で申し込みも不要。受け付けは同8時45分から。問い合わせは酒田商議所内の「ぶら探」事務局=電0234(22)9311=へ。
     

「ぶら探酒田」が本年度もスタート。市民らが隠れた酒田の魅力を探索=伊勢両宮社付近
「ぶら探酒田」が本年度もスタート。市民らが隠れた酒田の魅力を探索=伊勢両宮社付近



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field