文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 5月18日(金)付け紙面より

鶴一中2年生、若手職業人と交流

 職業体験イベント「WAKU WAKU WORK2018」が16、17の両日、鶴岡市立鶴岡第一中学校で開かれ、2年生195人が若手自営業者や企業担当者と交流しながら、地元にあるさまざまな仕事を体験した。

 庄内地方の若手自営業者らがつくる一般社団法人「あきんどなまか」主催、県庄内総合支庁が共催。若者の地元定着や進学後のUターン促進などを狙いに、地元にある仕事の魅力を知ってもらおうと2013年から高校生を対象に開催。今回、中学校では初めて行った。

 鶴一中の体育館や駐車場スペースを会場に美容、介護、パティシエ、自動車整備、消防、コピーライターなど20種のブースを設けた。2年生は10人ほどのグループごとに各ブース50分ずつ、2日間で計4ブースを巡り、“職業人”と対話しながらさまざまな仕事の一端に触れた。

 このうち生花店「Sun Lips」のブースでは花屋の日常的な仕事とブーケ作りなどを体験。オーナーの五十嵐綾さんがベニバナやブルーベリーなどの枝物の根元をハンマーでたたいて砕き、バーナーで焼き付けて水揚げを促進するショック法を実践。「花屋の仕事は花束やフラワーアレンジを作るだけでなく、仕入れ品の水揚げの仕事が大半」などと説明した。女子生徒たちは驚きで目を丸くしながら作業を体験。大場来夏さん(13)は「花屋さんはかわいいイメージだけど、ハンマーでたたいてあぶって、衝撃的だった。こうした仕事もあることを知ることができ良かった」と感想。その後のブーケ作りも楽しそうに取り組み、かわいい作品を仕上げていた。

花屋の職業体験。バーナーを手に、枝物を焼き付ける水揚げ作業を体験
花屋の職業体験。バーナーを手に、枝物を焼き付ける水揚げ作業を体験



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field