文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 6月7日(木)付け紙面より

生育順調、糖度も十分 鶴岡産ネットメロン初出荷式

 庄内の夏の味覚・鶴岡産ネットメロンの初出荷式が6日、鶴岡市のJA鶴岡西郷選果場で行われた。初出荷分で1農家が生産したハウス物のアンデスメロン396ケースが関東などへ発送された。地元では7日から店頭に並ぶという。

 JA鶴岡によると、5月下旬ごろからの好天で順調に生育。天候不順で苦しんだ昨年の実績と比べ、アンデス、同JAオリジナル品種の鶴姫と鶴姫レッドを合わせて、約5万ケース増の計約55万ケース(約2750トン)の出荷を見込む。ハウス物は7月下旬ごろまでで、露地物は7月上旬から8月下旬と続く。

 この日選果場には午前7時半ごろから大玉を詰めた箱が次々と搬入された。品質検査の糖度の項目は、基準値14度を大きく上回る17度だった。

 搬入と検査の後、出荷式が行われ、関係者約60人が出席。神事に続いてJA鶴岡の佐藤茂一代表理事組合長らがテープカット。東京の大田市場などへ出発するトラックを見送った。

 生産者の本間卓さん(42)=鶴岡市千安京田=は「今年4月から5月初めは例年に比べて寒く、水や温度管理が大変だった。糖度が高く仕上がり一安心。苦労した分、おいしく食べてもらいたい」と話した。

初出荷を迎えた鶴岡産ネットメロン。ネットの張りなどの品質を確かめた
初出荷を迎えた鶴岡産ネットメロン。ネットの張りなどの品質を確かめた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field