文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 7月8日(日)付け紙面より

地酒ファン飲み比べ楽しむ

 庄内地方全18酒蔵をはじめ県内の150種類の銘酒を試飲できる「庄内 酒まつり2018」が7日、鶴岡市のJA全農山形鶴岡倉庫を主会場に開かれた。県内外から多くの日本酒ファンが訪れ、米倉庫の風情ある建物で地酒の飲み比べを楽しんだ。

 酒蔵や酒販、農協などの関係者でつくる実行委員会(相沢政男委員長)が主催。2014年の山形デスティネーションキャンペーンに合わせて始まり、今年で5回目を迎えた。庄内の全酒蔵の酒が試飲できるとあって、地元をはじめ県内外からのリピーターも多く、この日も開会の午前11時を前に500人近い行列ができた。

 鶴岡倉庫内に設けられた各蔵元のコーナーには、特製のアクリル製酒升を手にした来場者が続々と訪れ、担当者に酒の特徴を尋ねながらお気に入りの日本酒を試飲。インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)の入賞酒や、まつり限定の蔵出しの酒もあり、その場で買い求める人の姿もあった。

 東京あきる野市から夫婦で訪れた山本篤志さん(34)は「山形の酒は全国に知られている。東京では飲めない地元ならではのいろんな種類の酒を味わいたい」と話していた。

庄内の地酒ファンでにぎわった酒まつり
庄内の地酒ファンでにぎわった酒まつり



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field