文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 7月14日(土)付け紙面より

旬の甘いメロンに大喜び

 鶴岡市内の小・中学校で12日、同市特産のメロンが給食で提供され、旬を迎えた甘いメロンに子どもたちが舌鼓を打った。

 市内の小中学校に給食を供給する市学校給食センターが、子どもたちに地元特産のおいしいメロンを味わってもらいながら地産地消推進や地場産食材の利用拡大を図ろうと毎年実施している。

 この日は同センター東棟の管轄となる朝暘三、朝暘四、朝暘六、黄金、京田、上郷、豊浦、湯野浜、西郷の9小学校と鶴岡二、鶴岡四、鶴岡五、豊浦の4中学校を対象に同市西郷地区で栽培された赤肉系の「鶴姫レッド」計500玉、約4000人分が提供された。藤島ふれあい食センターも同日行われたほか、18日までに他の給食センターでも提供する。

 このうち湯野浜小学校(宮島昭子校長、児童124人)では、JA鶴岡園芸部園芸特産課営農指導主任の黒坂新也さんが、5年生の教室で児童たちに「今日のメロンは西郷で育てられた。西郷では約130ヘクタールでメロンを作っていて、250万個のメロンが出荷される。選果場には直売所もあるのでぜひ足を運んで」とあいさつした。

 8分の1カットにされた鶴姫レッドを頬張った子どもたちは「甘い」「おいしい」と歓声を上げて味わっていた。今野咲君(10)は「食べ応えがあって、さっぱりした甘さでおいしかった」、渋谷海聖君(10)は「世界一おいしい」とそれぞれ笑顔で話していた。

メロンにかぶりつき、甘さににっこりする湯野浜小の児童たち
メロンにかぶりつき、甘さににっこりする湯野浜小の児童たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field