文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 7月25日(水)付け紙面より

若者の地元回帰へ東京で29日 「鶴岡ジョブカフェ」開催

 鶴岡市は、進学や就職で同市を離れた若者の地元回帰を促すため、Uターン就職を考えてもらうきっかけづくりにしようと、地元企業を紹介するイベント「鶴岡ジョブカフェ」を、29日(日)に東京都中央区にある移住・交流情報ガーデンで開催する。人口減少対策の一環で2年前から実施しているもので、地元から前回の2倍の15社が参加する。UIJターン就職や移住などの相談も受け付ける。

 市商工課によると同市では近年、高校を卒業する約1500人のうち、1000人前後が進学や就職で県外に移り住む。地元を離れた後、Uターンする地元回帰は少ないという。そこで市は地元回帰の促進などに向け、都内で気軽な雰囲気の中で就職相談に応じる「鶴岡ジョブカフェ」を企画。初開催の2016年、2回目の17年ともに社会人や学生約40人が来場した。

 同ガーデンはJR東京駅八重洲中央口近くにあり、「鶴岡ジョブカフェ」は午後0時半に開始。軽装で気軽な雰囲気の中で、就職相談などを進める。地元から15社が参加し、各社の担当者が自社の業務内容などを説明するほか、実際に鶴岡で働くことをイメージしてもらうため、自社で活躍しているUIJターン就職者や若手に関する情報を提供する。仕事に関する質問や見学の申し込みも可能。

 同市の移住コーディネーターも会場を訪れ、移住に関するさまざまな相談に乗るほか、鶴岡公共職業安定所による出張相談コーナーもある。

 学生、社会人を問わず無料で参加できる。市商工課は「首都圏の学生やUターン希望者から地元企業を知るきっかけ、地元で働くきっかけにしてもらいたい。入退場自由で気軽に参加できるので、地元の家族からも首都圏にいる人たちに参加を働き掛けてもらえれば」と話している。

 鶴岡ジョブカフェは29日午後0時半―同4時。問い合わせは同課=電0235(25)2111、内線565、563=へ。

 ▽参加企業=アサヒニイズマ、板垣鉄工所、オール・ケッチァーノ、庄交コーポレーション、荘内銀行、Spiber(スパイバー)、ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング、竹の露、タマツ、東北イートップ、東洋ワークセキュリティ、トガシ技研、羽黒学園羽黒高等学校、プレステージ・インターナショナル、マーレエンジンコンポーネンツジャパン

UIJターン就職へのきっかけにしてもらおうと、東京都内で開催される「鶴岡ジョブカフェ」=昨年7月30日
UIJターン就職へのきっかけにしてもらおうと、東京都内で開催される「鶴岡ジョブカフェ」=昨年7月30日



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field