文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 8月5日(日)付け紙面より

護衛艦「ひゅうが」潜水艦「せとしお」酒田に入港、港まつりに花添える

 酒田市の酒田北港古湊埠頭(ふとう)に入港した海上自衛隊の護衛艦「ひゅうが」(川内健治艦長)、潜水艦「せとしお」(長野修司艦長)の歓迎式が3日、同埠頭で行われた。両艦とも酒田への寄港は初めてで、4、5の両日は「ひゅうが」の一般公開も。

 「ひゅうが」は2009年3月に就役した海自初の全通甲板を有するヘリコプター搭載護衛艦。基準排水量は1万3500トン。全長197メートル、全幅33メートル。速力は30ノット(約55キロ)。高性能20ミリ機関砲や垂直発射装置、多目的レーダーなどを装備している。一方、「せとしお」は07年2月の就役。基準排水量は2750トンで全長82メートル、全幅8・9メートル。潜水時の速力は20ノット(約37キロ)。装備の近代化で攻撃能力と隠密性が向上している。

 今回は自衛隊山形地方協力本部による艦艇広報の一環で、同日に始まった「酒田港まつり」に花を添えるために寄港した。

 歓迎式は酒田飽海地区自衛隊協力会(会長・弦巻伸酒田商工会議所会頭)の主催で、両艦乗組員や関係者計約50人が出席。主催者を代表し弦巻会長が「ようこそ酒田へ。寄港を多くの人が心待ちにしていた。寄港中は港都・酒田の風情を堪能してほしい」とあいさつ、矢口明子副市長は「国民が安心し生活できること、そして寄港に感謝。寄港中は少しでもリラックスしてもらえたら」と歓迎した。

 川内、長野両艦長に花束を贈呈した後、川内艦長は「盛大な歓迎に感謝。寄港をとても楽しみにしていた。この機会にぜひ、より多くの市民から自衛隊の活動を少しでも理解してもらいたい」と述べた。出席者はその後、「ひゅうが」の艦内を見学した。

 「ひゅうが」の5日の一般公開は午前9時から午後3時半まで(乗艦は午後2時半まで)。「せとしお」の艦内公開はなく、岸壁からの見学のみ。

酒田北港古湊埠頭に寄港した護衛艦「ひゅうが」
酒田北港古湊埠頭に寄港した護衛艦「ひゅうが」

酒田北港古湊埠頭に寄港した潜水艦「せとしお」
酒田北港古湊埠頭に寄港した潜水艦「せとしお」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field