文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 8月5日(日)付け紙面より

酒田湊・甚句流し 踊りの熱気夏の港都包む

 酒田市の酒田港まつりが3日、大通りでの「酒田湊・甚句流し」で開幕し、約2500人の踊り手が「酒田甚句」に合わせ趣向を凝らした踊りを披露、夏の港都を祭りの熱気で包み込んだ。

 酒田湊の繁栄を歌った「酒田甚句」に合わせて踊る甚句流しパレードとして1995年に始まった。威勢の良い男踊りと優雅な女踊りがある。2000年からは若者の参加を促すため、同甚句をアップテンポにアレンジした曲で創作ダンスを踊る「S―Jinku」も導入。市や商工・観光団体などによる実行委員会(真島裕実行委員長)が翌日の「酒田花火ショー」(最上川河川公園)とともに「酒田港まつり」として開いている。

 今年は、甚句流しパレードの各出演団体が踊りを披露する時間が同じになるように、これまでの大通りから中通り、国道112号へと練り歩くコースから、全出演者が大通りで輪踊りをする形に変更。さらに同パレードの踊りの質を高めるため、新たに「踊りコンテスト」を導入した。同パレードに太鼓団体5団体を含め33団体の約2140人、S―Jinkuには7団体の約330人の計40団体の約2500人が出演した。

 甚句流しパレードは開会セレモニーに続き午後6時40分にスタート。そろいの浴衣や法被などを着た幼稚園や保育園、小学校、プレステージ・インターナショナルのバレーボールチーム「アランマーレ」を含む職場のグループなどが大通りの約300メートル区間で中央分離帯を巡りながら、ゆったりと踊りを披露、祭りムードを盛り上げた。

 引き続き行われたS―Jinkuでは、きらびやかな衣装を身に着けた小学校や東北公益文科大、ダンスサークルなどが、躍動感あふれる踊りを披露。中にはバック転で観客を沸かせるグループもあり、会場は熱気に包まれた。

 甚句流しパレードの踊りコンテストでは、矢口明子副市長や実行委員会の関係者ら5人が衣装や表現などを審査。金賞に庄内おばこ「華の会」、銀賞に県民謡協会酒田支部、銅賞にNTT東日本山形グループをそれぞれ選び、会場で表彰した。

優雅な踊りを披露した「甚句流しパレード」
優雅な踊りを披露した「甚句流しパレード」

エネルギッシュな創作ダンスで観客を魅了した「S―Jinku」
エネルギッシュな創作ダンスで観客を魅了した「S―Jinku」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field