文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 8月12日(日)付け紙面より

羽黒初戦突破ならず

 第100回全国高校野球選手権記念大会(兵庫県西宮市・阪神甲子園球場)6日目の10日、1回戦3試合が行われ、山形県代表の羽黒(15年ぶり2回目)は第3試合に登場。奈良県代表の奈良大付属(初出場)と対戦し、1―4で敗れた。

 羽黒の先発は2年右腕の篠田。左の好打者が並ぶ奈良大付属の上位打線に計8安打を打たれたが、8回3分の2を投げ無四死球の粘り強い投球を見せた。打線は初球から積極的に振りにいったが、奈良大付属の主戦を最後まで打ち崩すことができなかった。

 羽黒は初回、連続安打を許した後、守備の乱れも絡んで先制点を奪われた。篠田は変化球の制球に苦しんだものの、2回以降は140キロ台の切れのある直球を主体に試合をつくった。3、4回は得点圏に進塁を許すが粘り強く投げ無失点で切り抜けた。しかし、5回に甘く入った変化球を右中間に運ばれて2点本塁打を許した。

 3点を追う羽黒は5回、1死から篠田が内野安打で出塁。盗塁を絡めて2死二塁とし、鈴木の中前適時打で1点を返した。7回には2死から篠田、渡部の下位打線が連続安打で得点機をつくるが、後続が打ち取られた。

 羽黒の篠田は6回に三者三振を奪い、続く7回は左翼塩崎の好守も飛び出し三者凡退に抑えた。終盤、犠飛で1点を奪われるが、中堅中島の背後へのダイビングキャッチと本塁好返球の2つの好プレーで最少失点にとどめ、最終回の反撃に望みをつないだ。

 羽黒は9回、先頭の藤沼の中前安打から1死一、二塁と好機を広げたが、あと一本が出なかった。

9回裏、中堅中島の本塁への好返球で追加点を阻む
9回裏、中堅中島の本塁への好返球で追加点を阻む



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field