文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 9月21日(金)付け紙面より

先輩の話から進路考える

 酒田市の酒田東高校(諸原正巳校長、生徒566人)で19日、キャリア講座「これみち講演会~これが私の生きる道」が開かれた。1年生179人が出席し、卒業生のパネルディスカッションなどを通じて進路について考えた。

 キャリア講座は、地域で活躍する人の生き方に学び、将来社会とどのように関わるかを考え、傾聴力・対話力・質問力を養い、生涯にわたる学びのきっかけにしてもらおうと、初めて開催した。

 パネリストは同校卒業生の前田直之さん(前田製管社長)、佐藤香奈子さん(とがしスポーツ社長)、渡部敦さん(庄内園芸緑化取締役管理部長)の3人。伊藤麻衣子さん(Work life shift代表)をコーディネーターに、生徒たちに高校時代の過ごし方などを語った。3人は高校や大学時代を振り返り、古里の良さや家業を継ぐことについて思いを述べ、「高校時代仲間と寝食を共にし、濃い時間を過ごしたことで家業を継ぐのもいいかなと思えた」(佐藤さん)、「友人をたくさんつくって。後輩の面倒を見る良い先輩になって」(前田さん)、「一度東京に出たから地元の良さが分かるし、鳥海山を見ると安心する。地元のことをよく学んで」(渡部さん)と話した。

 この日はまた、卒業生を含む地域で活躍する9人による講座も行われた。

地域で活躍する卒業生がパネリストとなり、仲間や古里の大切さを語った
地域で活躍する卒業生がパネリストとなり、仲間や古里の大切さを語った



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field