文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 10月6日(土)付け紙面より

爽やかな甘酸っぱい香り漂う 赤ワインの仕込み始まる

 鶴岡市越中山の月山ワイン山ぶどう研究所(加藤智所長)で4日、主力の赤ワインの仕込み作業が始まった。

 月山ワインは、デラウエアや甲州、セイベル9110を原料に使った白と、ヤマブドウやヤマ・ソービニオンを使った赤があり、いずれも芳醇(ほうじゅん)な香りとすっきりした味わいが特徴。

 1972年に朝日村農協(現JA庄内たがわ朝日支所)が自生するヤマブドウを使ったワインの研究開発に着手。79年にロゼの製造を始め、81年には白と赤が加わり醸造体制が本格化した。現在はヤマブドウジュースや原液を含めて年間約20万本(720ミリリットル換算)を生産している。

 今シーズンの仕込みは、9月2日に白が始まっており、白、赤とも例年並みのスタート時期。今後、11月中旬まで続くといい、職員はフル稼働で作業に追われている。

 4日は、ヤマ・ソービニオン計6トンを次々とベルトコンベヤーに運んだ。圧搾機から搾りたての果汁が滴ると、爽やかな甘酸っぱいブドウの香りが辺り一面に漂った。同研究所長補佐で醸造責任者の阿部豊和さん(42)は「8月の少雨もありやや小粒だが、凝縮した仕上がりになりそうだ」と期待を込めた。

たわわに実ったヤマ・ソービニオンがベルトコンベヤーで圧搾機に運ばれた=4日
たわわに実ったヤマ・ソービニオンがベルトコンベヤーで圧搾機に運ばれた=4日



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field