文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 10月7日(日)付け紙面より

庄内農高生と加茂水高生コラボ開発 濃厚海老味噌ラーメン

 鶴岡市の庄内農業高と加茂水産高の両校生徒が考案した「濃厚海老味噌(みそ)ラーメン」の試食会が5日、市立加茂水族館の屋外ブースで開かれ、地元産の小麦やエビを素材に開発したコラボラーメンが披露された。

 両校生徒が昨年度に取り組んだ「サンマ節のだし庄農加茂水コラボうどん」に続く第2弾。庄農高生物環境科の3年生5人が麺、加茂水高海洋資源科の3年生3人がスープを担当。6月から開発に取り掛かり、3回の合同調理実習などを重ねて味を調えてきた。麺は地元産の小麦「ゆめ星」に10%のパスタ粉のデュラム小麦を加えた太めストレートの硬水麺。スープは鼠ケ関産のエビ(ガサエビ、アマエビ)の濃縮だしと地元産の3種のみそをブレンドした濃厚スープ。煮豚とネギをトッピングした。庄農の叶野優さん(18)は「デュラム小麦を加えてもちもち感を出した。何度も割合を変えて濃厚なエビのスープに合う自信作ができた」、加茂水の太田ことみさん(18)は「エビから出るおいしいだしに負けず、しょっぱ過ぎないようにみそをブレンドした」と話した。

 試食会は両校の6人が協力して調理し、小わん100食分を水族館の来場者らに振る舞った。和歌山県日高川町の滝本美樹さん(31)は「エビだしのラーメンは初めて。麺はもちもちでツルッとしておいしい。ラーメン開発なんて楽しそうな勉強。きっといい経験になる」と話した。

 両校では試食者へのアンケートを基にコラボラーメンの完成度を高め、20日午前11時から午後2時半まで、同市羽黒町の「福奏庵」でコラボラーメンを販売予定。また、庄農うどんや加茂水産の缶詰製品の販売が行われる。

庄農高生(左)と加茂水産高生(右)がコラボラーメンを披露。試食会で100食分を調理し振る舞った
庄農高生(左)と加茂水産高生(右)がコラボラーメンを披露。試食会で100食分を調理し振る舞った



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field