文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 10月10日(水)付け紙面より

恋愛の聖地「恋する灯台」の鼠ケ関灯台 認定後初の結婚式

 恋愛の聖地「恋する灯台」に認定されている鶴岡市の鼠ケ関灯台を背景に7日、認定後初となる結婚式が行われた。初デートで同灯台を訪れたという2人が、思い出の場所で人生の新たな一歩を踏み出した。

 恋する灯台は、一般社団法人日本ロマンチスト協会(本部・長崎県)が2016年に初めて全国21カ所を認定。日本財団(東京都)と全国のさまざまな推進パートナーの共同による「海と日本プロジェクト」の一環で行うもので、灯台を「2人の未来を見つめる場所」として認定し、海への関心を高める狙い。

 認定後、鼠ケ関では婚活イベントなど観光事業の取り組みも展開しており、地元観光振興への期待も寄せられている。

 新郎新婦は、鼠ケ関出身の五十嵐海渡さん(23)、酒田市出身の瑞季さん(23)=旧姓・中島。14年3月に友人のつながりで知り合い、同年5月4日に鼠ケ関灯台を訪れ、交際し始めたという。五十嵐さんは「灯台にたどり着くまで、手をつながないと危ない箇所があるので誘った」とはにかむ。

 その後16年の恋する灯台認定を受けて、「地域おこしにつながれば」(五十嵐さん)と、灯台を望む厳島神社で結婚式を挙げることにしたという。

 挙式当日は親族友人ら約30人が出席。厳かな神前式で、新郎新婦が三々九度の杯を交わし、海渡さんが誓いの言葉を述べた。その後一行は、台風接近に伴う大荒れの中鼠ケ関灯台へ。新郎は、純白のウエディングドレスに身を包んだ新婦をかいがいしくいたわりながら潮風が吹き付ける散策コースを歩いていた。

 祝福を受けた2人は「大きな家庭をつくりたい」と笑顔。「波のサラシや夕日に映える美しい場所。愛を育ませてもらった灯台に感謝したい」と話した。

恋する灯台を背景に友人らから祝福を受ける海渡さんと瑞季さん
恋する灯台を背景に友人らから祝福を受ける海渡さんと瑞季さん



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field