文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 11月2日(金)付け紙面より

平成最後の年賀はがき発売

 「2019年用お年玉付き年賀はがき」が1日、全国一斉に発売された。来年5月の新天皇即位に伴って元号が改まるため、平成最後の年賀はがきになる。鶴岡市山王町の鶴岡郵便局(佐藤到局長)ではセレモニーが行われ、松原保育園(高橋奈津園長)の園児が歌と踊りを披露した。

 18年用年賀はがきの最終発行枚数は約25億8600万枚で、19年用の初回発行枚数は約24億2100万枚を予定。無地(定価62―72円)や絵入り寄付金付き(同67円)などを販売するほか、先月から東京五輪マスコットが描かれたはがきを大会への寄付金付き67円で既に販売している。

 この日鶴岡郵便局で行われたセレモニーで佐藤局長は「平成最後の年賀状。活字文化と日本の伝統を守るためPRしたい」とあいさつ。松原保育園の年長児24人が歌と踊りを披露した。

 郵便局を訪れた市民らは子どもたちの発表を楽しんだ後、早速年賀はがきを購入。園児たちも特設の窓口ではがきを購入した。年賀はがきの引き受けは12月15日から。

年賀はがきの販売が全国一斉にスタート=鶴岡郵便局
年賀はがきの販売が全国一斉にスタート=鶴岡郵便局



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field