文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 11月3日(土)付け紙面より

わたしのイチオシ!つるおか名物コンテスト 2部門の金賞決まる

 鶴岡食文化創造都市推進協議会は1日、食関連産業の振興を目的に初めて実施した「わたしのイチオシ!つるおか名物コンテスト」の審査結果を発表した。2つの部門のうち加工食品部門で本長の「蔵王クリームチーズ粕漬」、菓子部門で木村屋の「だだちゃ豆のフィナンシェ」がそれぞれ最高賞の金賞に決まった。このほか両部門とも銀賞1点、銅賞2点が決まり、受賞商品には特別ロゴ使用などの特典が与えられる。

 市内事業者の新商品開発促進と優れた商品の情報発信による食関連産業の振興に向け、同協議会と鶴岡商工会議所、出羽商工会が主催し、2015年以降に商品化・改良した商品を対象に公募してコンテストを実施した。

 加工食品部門10、菓子部門12の計22商品が出品され、10月14日に市小真木原体育館で市民100人による試食審査を行い、各審査員の採点を積算して金、銀、銅賞を決めた。試食審査では、市民が事業者の説明を聞いて商品を味わい、使用する素材やストーリー性などの「鶴岡らしさ」、食味や香りなどの技術力、パッケージデザイン、独自性、市場開拓性などを採点した。

 加工食品部門で金賞となった蔵王クリームチーズ粕漬(80グラム、864円)は、クリームチーズを本長伝統のかす漬けにしたもので、庄内地域の酒蔵の酒かすを使用。市民審査員からは「酒かすのうま味とチーズのうま味が絶妙」「ワインに合う。発想がよい」といった評価があった。

 菓子部門で金賞のだだちゃ豆のフィナンシェ(6個入り、1037円)は、山形大発ベンチャー企業が開発した常温乾燥技術を活用し、1個当たり8さやのだだちゃ豆を使った焼き菓子。市民審査員は「だだちゃ豆の風味が強く感じられる」「技術が生かされたしっかりした味」など評価した。

 受賞商品は同協議会のホームページでPRされる。表彰式は12月15日(土)開催の「つるおか食文化市民フォーラム」で行い、抽選による受賞商品のプレゼント、試食・販売もある。

 金賞以外の受賞商品は次の通り。(かっこ内は事業者)

 ◇加工食品部門▽銀賞=だだちゃ豆おこわ(佐徳)▽銅賞=殿様だだちゃ豆100%キムチ(海産工房本間水産)、ごま豆腐(出羽三山神社斎館)◇菓子部門▽銀賞=鶴姫レッドメロンアイスクリーム(JA鶴岡)▽銅賞=鶴岡シルクマカロン(ファリナモーレ・ドルチェ)、つるん餅(十一屋)

金賞に決まった蔵王クリームチーズ粕漬(上)と、だだちゃ豆のフィナンシェ
金賞に決まった蔵王クリームチーズ粕漬(上)と、だだちゃ豆のフィナンシェ



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field