文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 12月11日(火)付け紙面より

歴史と自然、まちづくりに

 庄内地方の高等教育・研究機関が連携した「知の拠点シンポジウム」が9日、鶴岡市先端研究産業支援センターで開かれた。基調講演や教員陣の発表、パネルディスカッションを通して庄内の地域づくりを考えた。

 慶應義塾大先端生命科学研究所、東北公益文科大、山形大農学部、鶴岡工業高等専門学校の知を集結し、地域への貢献・活性化を図る「知の拠点庄内」ワークショップ委員会(村山秀樹委員長)が主催。8回目の今回は「歴史と自然に溢(あふ)れる庄内~これからのまちづくりを語る」をテーマに、山中大介さん(ヤマガタデザイン社長)と渡部玲士さん(坂茂建築設計)が「サイエンスパークから始まった街づくりの新潮流」の演題で基調講演。高谷時彦さん(東北公益文科大特任教授)が「歴史的建築を活用した地域まちづくり」、藤科智海さん(山形大農学部食農環境マネジメント学コース准教授)が「農業を生かしたまちづくり」、山田充昭さん(鶴岡高専基盤教育グループ准教授)が「庄内の魅力的な歴史的風致と観光~継承し、発信し、ともにいきる」の演題でそれぞれ発表した。

 このうち、山田さんは庄内藩民衆の直訴や一揆によって撤回された「三方領地替え」に象徴される地域と人の結び付きや、藩校致道館の教育精神を閉校後も140年以上にわたり維持継承している地域の特性を紹介しながら、2013年度に鶴岡市が認定された「歴史的風致維持向上計画制度」について説明。「古いものを保存するのではなく、今のライフスタイルにうまくマッチングし、活用していく、観光も視野に入れた取り組み」と解説した。

 県や鶴岡市のデータと学生へのアンケートを基に、「鶴岡市が県内の中で最も多く観光客を呼び込んでいる地域で、そのエースは名所・旧跡」「出身地の歴史に興味がある学生は半数以下。黒川能や松例祭を見たことがある学生はほとんどいない」などと紹介した。山田さんは「歴史的風致は観光振興のための資源。逆に観光振興は歴史的風致の維持向上につながる。効果的・効率的な情報発信やニーズにマッチした受け入れによって観光の注目度が高まれば、若者層が地域の魅力を見直し、地域活動の担い手増加につながる」とした上で、「この取り組みが持続するかどうかは、若年層を取り込むことができるかにかかっている」と説いた。

庄内のこれからのまちづくりを考えた「知の拠点シンポジウム」
庄内のこれからのまちづくりを考えた「知の拠点シンポジウム」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field