文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 3月28日(水)付け紙面より

スタインウェイのグランドピアノ 大ホールで演奏体験

 鶴岡市文化会館「荘銀タクト鶴岡」で27日、フルコンサート用として同館に納入されたスタインウェイ社のグランドピアノを演奏する体験イベントが開かれた。参加した幼稚園児から高校生までの若いピアニストたちが、世界最高峰と名高い名器に触れ、大ホールの響きを味わった。

 同館大ホールのステージでピアノ演奏を体験してもらおうと鶴岡市が企画。市内在住・在学の高校生までを対象にしたもので、一般市民が同館のスタインウェイのピアノに触れる開放イベントは今回初。27、28の両日実施の日程で12日に募集を始めたところ、同日中に2日間計22組の定員に達したという。

 初日の27日は、1組当たり40分の時間で4、5人が交代しながら思い思いに2、3曲を演奏。ステージには音響反射板も設置してあり、移動しながら響きを確認していた。いずれも鶴岡南高2年で同じ音楽教室に通う井上聖蘭(せいか)さん(17)と西澤裕紀さん(17)は「音がきれい。会場も響きが強いと思うが、軽いタッチでも遠くまで響く」「通る音というより、柔らかくふっくらした感じ。予想以上に響いて驚いた。今後コンサートで聴く機会もあると思うので楽しみ」などとそれぞれ話していた。

 高校生以上の一般を対象にした同様のイベント開催も検討しているという。

荘銀タクト鶴岡大ホールの舞台でスタインウェイのピアノを演奏する参加者=27日
荘銀タクト鶴岡大ホールの舞台でスタインウェイのピアノを演奏する参加者=27日


2018年(平成30年) 3月28日(水)付け紙面より

鶴岡で慶應アストロバイオロジーキャンプ 高校・大学生が最新の研究学ぶ

 生命の起源や太陽系内外における地球外生命の探査など人類の宇宙進出に関わる研究分野「アストロバイオロジー」(宇宙生物学)をテーマにした「慶應アストロバイオロジーキャンプ」が25―27の3日間、鶴岡市の鶴岡メタボロームキャンパスを会場に開催。全国から集まった高校生や大学生らが最先端の研究に触れた。

 慶應義塾大先端生命科学研究所(冨田勝所長)が主催し、2016年から毎年実施している。3回目の今回は全国からの応募者約60人の中から書類選考を経て14都府県から36人が参加。NASAジェット推進研究所や海洋研究開発機構(JAMSTEC)、東京工業大地球生命研究所(ELSI)などに所属する国内外で活躍する研究者らが講師を務め「地球と宇宙における生命の起源」をテーマに講演などを行った。

 26日午後は自然科学研究機構アストロバイオロジーセンターの堀安範特任助教が太陽系外の惑星について講演。太陽系外の惑星の撮影やそこから読み取れる情報について紹介し、「太陽系外の惑星で酸素が存在することが生命の存在とはならない。生命の痕跡が何かを考えている。研究を進めるためこれからも次々と宇宙望遠鏡が打ち上げられる」と話した。

 2年連続で参加した鶴岡南高校2年の上野莉南さん(17)は「難しい話も多いが分かりやすく説明してくれるので理解しやすい。宇宙のことはもちろん、プレゼンの仕方なども学びたい」と話していた。

全国から集まった高校生や大学生が最新の研究に触れた=26日
全国から集まった高校生や大学生が最新の研究に触れた=26日



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field