文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 7月27日(金)付け紙面より

歓声と水しぶき上がる 水土里ネット笹川、園児招き水遊び

 ペットボトルいかだの川渡りは楽しいよ―。鶴岡市羽黒町荒川の笹川第2揚水機場とそばを流れる今野川で26日、同市立いずみ保育園(同市羽黒町市野山、丸山弘美園長、園児117人)の年長児たちが水遊びを楽しんだ。大はしゃぎの子どもたちが歓声とともに上げた水しぶきが、真夏の太陽にきらめいていた。

 水土里ネット笹川(笹川土地改良区、村上誠理事長)が、子どもたちから水に親しんでもらおうと、毎年実施している「わくわく川遊び」。今回は年長児27人が水着姿で参加した。

 同ネットの役職員や県、市の関係者、保育士など約30人が見守る中、園児たちはペットボトル製のいかだでの川渡りや、揚水機場の広場に設置したミニプールでビニール製のボートに乗ったりビーチボールを投げ合ったりと水遊びを楽しんだ。

 川渡りは幅約25メートルの今野川を往復するもの。大人たちが両岸からロープで引き、2人乗りのお手製いかだをゆっくりと川面を滑らせた。救命胴衣を着けた園児たちは、友達に笑顔で手を振るなどしてミニ川渡りを満喫。丸山優空(そら)君(5)は「とっても楽しかった。2人で乗っても沈まないので、全然怖くなかった。川の上は涼しくてとても気持ち良かった」と話していた。

真夏の日差しが降り注ぐ中、園児たちがペットボトルいかだで川渡りを楽しんだ
真夏の日差しが降り注ぐ中、園児たちがペットボトルいかだで川渡りを楽しんだ


2018年(平成30年) 7月27日(金)付け紙面より

世界ジュニア相撲選手権大会 齋藤選手(酒田出身)個人・団体2冠に輝く

 台湾・桃園市で21日に行われた世界ジュニア相撲選手権大会で、酒田市出身の齋藤大輔選手(17)=埼玉栄高3年=が男子の個人重量級(体重100キロ以上)と団体戦で優勝した。

 大会は、世界相撲連盟が1999年からほぼ毎年、世界各地で開いている。18歳以下の男女が対象で、国内からは今春までの各種大会の成績を基に選考された。

 個人戦は体重別で、男子の重量級には齋藤選手を含め9つの国と地域の9人が出場。齋藤選手は、準々決勝で台湾、準決勝でモンゴルの選手をそれぞれ下した。ブラジルの選手との決勝では、立ち合いで左上手を取ってすぐに投げを打ち、相手が体勢を崩したところを、腰を落として一気に土俵際まで寄り、寄り切った。

 1チーム3人による団体戦には11の国と地域が出場。齋藤選手は中堅を務めた。準々決勝はジョージア、準決勝はロシアを、それぞれ3勝で下した。モンゴルとの決勝で齋藤選手は、立ち合いで右脇を差され上体を起こされたが、右上手を取ってからは落ち着いた相撲で相手を揺さぶり、上手投げで勝利。大将が敗れたが、2勝1敗で優勝した。

 齋藤選手は小学校の頃から酒田相撲教室に通い、酒田一中3年生の時は全国都道府県中学生相撲選手権大会で優勝した。相撲の強豪校である埼玉栄高に進学し、昨年のインターハイでは3位となるなど活躍している。身長190センチ、体重130キロの恵まれた体格を生かし、左四つからの上手投げを得意としている。海外での試合は今回が初めてだった。

 同行した母親の齋藤百合さん(52)=酒田市若宮町一丁目、会社員=によると、齋藤選手は試合後、「ほっとした。団体戦も取れて良かった」と満面の笑みを浮かべた。百合さんは「修学旅行にも行かず相撲ばかりやっていたので、そのご褒美のような感じで、うれしかったのでは。体格も、繰り出す技も国内とは違うので、戸惑いもあったが、だからこそ学ぶものも多かったと思う」と喜んだ。

 当面は、インターハイ(8月3―5日、静岡県)と国体(9月30日―10月2日、福井県)で好成績を収め、アマチュア相撲の頂点として天皇杯が懸かる全日本相撲選手権に出場するのが目標という。大相撲に進むかなど、高校卒業後の進路はそれらが一段落してから考えるという。

試合後の会場で、百合さんの首にも金メダルを掛け、一緒に写真に納まる齋藤選手(左)
試合後の会場で、百合さんの首にも金メダルを掛け、一緒に写真に納まる齋藤選手(左)



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field