文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 1月17日(木)付け紙面より

無病息災祈り「どんど焼き祭」  荘内神社

 鶴岡市の荘内神社(石原純一宮司)で15日、正月飾りを燃やして一年の無病息災を祈る「どんど焼き祭」が行われた。

 どんど焼きは小正月の行事で、全国各地で行われている。同神社では小正月を締めくくる火祭りとして恒例となっており、一年の無事平安を祈って古いお守りや神棚、松飾りなどを浄火でたき上げる。門松が燃えて「どーん、どーん」と聞こえることがどんど焼きの名称の由来ともされる。

 この日は神社の参道に高さ、幅約3メートルの焼き場が設けられ、市民らが持ち込んだ松飾りや神棚、だるまなどが積み上げられた。午後5時ごろ、神事が行われ火が付けられた。火柱が燃え上がると、参拝客らは用意されたスルメや昆布、餅を竹ざおの先に挟んで浄火であぶって食べ、無病息災を祈った。

 子どもを連れて訪れた鶴岡市下山添の結城智子さん(39)は「祭り当日に参加するのは初めて。家族円満に仲良く穏やかに過ごす一年にしたい」と話してい
た。

無病息災を祈って正月飾りなどをたき上げる「どんど焼き祭」が行われた
無病息災を祈って正月飾りなどをたき上げる「どんど焼き祭」が行われた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field