文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 1月17日(木)付け紙面より

「庄内のつばさ」台湾観光交流訪問団 日台相互交流拡大を確認

 庄内空港発国際チャーター便で台湾を訪問していた「『庄内のつばさ』台湾観光交流訪問団」(団長=新田嘉一平田牧場グループ会長・東方水上シルクロード貿易促進協議会長・庄内観光コンベンション協会最高顧問)は3泊4日の全日程を終え、15日に帰国。新田会長、矢口明子酒田市、山口朗鶴岡市両副市長らは14日、いずれも台北市の台湾交通部観光局で周永暉局長、台湾旅遊交流協会で頼瑟珍理事長とそれぞれ懇談するなどし、日本と台湾の相互交流拡大を確認し合うとともに、本県2空港と台湾間で運航している国際定期チャーター便のさらなる継続などを要請した。

 今回の訪問団は、中華航空による山形、庄内―台湾間の国際定期チャーター便の運航継続、庄内空港発着便の増加を広く要請するのが主目的。酒田、鶴岡両市・市議会、庄内観光コンベンション協会、鶴岡商工会議所などとともに、新田会長が特別顧問を務める出羽三山神社(鶴岡市)、同じく最高顧問の龍澤山善寳寺(同)、樓主の相馬樓(酒田市)で結成した。鳥海山大物忌神社(遊佐町)を含めた「庄内の二社一寺」に関し新田会長は常々、「人口30万の庄内地域にこのように素晴らしい古社名刹(めいさつ)が残っていることはすごいこと。二社一寺は最高の『観光資源』」と話す。

 台湾からの観光客100人余を乗せたチャーター機は12日午後1時すぎに庄内空港に到着。折り返し便で訪問団員、ゴルフ・観光を楽しむツアー参加者ら計87人が台湾に向かった。

 訪問団一行は日程3日目の14日、台湾交通部観光局、中華航空台北支店、台湾旅遊協会、日本へのツアー商品を多く取り扱っている現地旅行エージェントの大榮旅行社、雄獅旅行社をそれぞれ表敬訪問。観光局では、周局長が「新田会長、矢口、山口両副市長らの表敬は大変光栄。庄内からの訪問を心から歓迎する」と一行を歓迎。そして「台湾と山形は長年にわたって友好な関係を維持している。観光局では現在、都市間の友好交流を推進しており、台湾の地方都市と山形が手を組めたら」と述べ、「台湾では山形が舞台となった『おしん』の知名度が高い。機会があったらぜひ、お邪魔したい。台湾にも台北だけでなく高雄など良い所が多くあり、これからも山形の皆さんから訪れてもらいたい」と続けた。

 これを受けて新田会長は「私たち日本人は台湾が大好き。東日本大震災の時に台湾の人たちから頂いた志は絶対に忘れられない。日本と台湾が心一つに共に歩んでいけたら」とあいさつ。羽黒山、善寳寺、酒田舞娘(まいこ)をPRした上で「山形、庄内両空港への国際定期チャーター便の運航に感謝。まずは運航継続をお願いしたい。できたら庄内空港への増便を」と依頼した。

 一方、14日午後に組み込まれた、辛亥革命などで戦死した兵士らを祭る「忠烈祠」の視察では、同行した酒田舞娘、出羽三山神社権禰宜の佐藤敬幸さん、善寳寺僧侶の庄司良圓さん(天澤寺住職)がさまざまな国・地域から訪れた観光客に囲まれる場面も。記念写真に納まるなどし、広く庄内地域をアピールした。

固く握手を交わす新田会長(左)と周局長=14日午前、台北市の台湾交通部観光局
固く握手を交わす新田会長(左)と周局長=14日午前、台北市の台湾交通部観光局

行く先々で人気となった酒田舞娘と山伏装束の佐藤さん。観光客に囲まれ、記念写真に納まった=14日午後、台北市内の忠烈祠
行く先々で人気となった酒田舞娘と山伏装束の佐藤さん。観光客に囲まれ、記念写真に納まった=14日午後、台北市内の忠烈祠



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field