文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 1月20日(日)付け紙面より

こんがり豆腐焼き

 鶴岡市黒川地区で19、20の両日、春日神社の例祭「王祇祭」(2月1、2日)で振る舞われる凍(し)み豆腐料理の仕込み作業「豆腐焼き」が行われている。上座、下座それぞれの住民たちが協力し合い、豆腐をこんがりと焼き上げている。

 王祇祭では上座・下座の両当屋や春日神社で黒川能(国指定重要無形民俗文化財)が奉納上演される。凍み豆腐料理は各当屋で、幕あいなどに振る舞われる祭りの名物。今年の当屋は上座が渡部俊美さん(79)=上の山、屋号・仁兵衛、下座は秋山武弥さん(75)=小在家、屋号・四五右衛門。

 このうち下座の秋山さん方では、敷地内に特設した小屋に縦約5メートル、横1・8メートルほどの、おからと木枠で作った大きないろりが設けられた。19日は朝から地区民30人余が入れ替わりながら作業。まきが次々とくべられ燃え盛るいろりの土手を、串に刺した豆腐と地区民がずらりと囲んだ。

 目の前の炎の熱さから顔を守る段ボールと竹ざおを手に、焼き加減を互いに指示し合いながら次々と焼き上げていた。お神酒を酌みながら「うめちゃ、熱っちぇちゃ、煙てっちゃ」「ほろけるな、そごの2本いいあんべだ」などと方言と笑い声が飛び交い、伝統行事で絆を深めていた。2日間で約5000本の豆腐を焼くという。

まきが燃え盛る大きないろりを囲んで伝統の「豆腐焼き」が行われた=19日、下座の秋山さん方
まきが燃え盛る大きないろりを囲んで伝統の「豆腐焼き」が行われた=19日、下座の秋山さん方



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field