文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 1月20日(日)付け紙面より

ユーモア交え体験談披露

 鶴岡市の市民有志で結成した「本のチカラ委員会」(代表・小林達夫らくがき倶楽部代表)が主催した作家・椎名誠さんの講演会が18日、同市のマリカ市民ホールで開かれ、椎名さんが世界各地を訪れた探検、冒険の体験談を語った。

 「本の夢 本のちから」と題した講演で、椎名さんは「幼い頃から兄や姉が本を読んでいる姿を見ていて、自然と本を読むようになった。ほとんどはタイトルに引かれて読んでいた」と話し、スウェーデンの学者・探検家のヘディンが中央アジアの幻の湖といわれるロプノールを書いた「さまよえる湖」に小学生時代に触れ、探検に強い興味と憧れを抱くようになったと語った。

 ロプノールや楼蘭を含むシルクロードの探検、シベリアやモンゴル、南米大陸南端のパタゴニア、アマゾンなど世界各地の辺境の探検について、現地の人々に薦められて食べた毒ヘビやワニ、イモムシ、アザラシ、アリなどの食体験も含めユーモアを交えて紹介。「本には夢があり、物事を考える上で知識や知恵となって力となり、いつしか夢がかなうようになる」と話した。

 また、ラーメンが好きで世界各地で食べた体験談も披歴し、「酒田には5回来ているが、酒田のワンタンメンは世界一うまい」と絶賛した。

 本のチカラ委員会は「本と親しむまちおこし」を目的に、「本を読む・創る・売る」に関わる書店組合や文芸団体、読書にちなんだ活動を展開している有志で、昨年結成。椎名さんの講演会は発会を兼ねたキックオフイベントとして企画し、終了後は椎名さんのサイン会も行われた。併せて「本のチカラ」をテーマにした川柳を募集し、全国から寄せられた94作品から、椎名さんらが選考した3点を入選、2点を佳作に選んで講演会の席上、発表した。入選の3人には椎名さんのサイン入り本が贈られる。

「本の夢 本のちから」と題して講演した椎名さん
「本の夢 本のちから」と題して講演した椎名さん



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field