文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 1月26日(土)付け紙面より

6者連携し農業担い手育成

 鶴岡市と山形大農学部、東北芸術工科大、JA鶴岡、JA庄内たがわ、ヤマガタデザインの6者が24日、地域農業の担い手育成と確保を目的に連携協定を締結した。閉館した同市千安京田の県有施設・旧いこいの村庄内の施設を新たに滞在型の研修拠点施設として活用し、6者が連携して市内外から研修者を受け入れ、地域への新規就農者定着につなげる。

 旧いこいの村への拠点施設は、鶴岡市が開設する。新年度に改修するなど整備し、2020年4月から研修者受け入れを目指す。協定項目は親元就農など地元の新規就農者、首都圏など地域外からの新規就農者の育成・確保や研修後の就農支援など。拠点施設では2年間の研修プログラムを計画しており、山大農学部は座学の講義、両JAは現場実践や就農支援、芸工大は施設改修などで協力し、まちづくり会社のヤマガタデザインは地域外から若者を呼び込むノウハウ提供や経営するパイプハウスでの農業実践の受け入れなどで連携する。

 同市によると、農業者の高齢化や担い手不足により近年、市内の基幹的農業従事者は年間平均140人減少する一方、新規就農者は25人程度にとどまり、地元に加えて地域外からの人材確保が課題となっている。

 この日、市役所で行われた締結式では皆川治市長、林田光祐農学部長、中山ダイスケ芸工大学長、佐藤茂一JA鶴岡組合長、黒井徳夫JA庄内たがわ組合長、山中大介ヤマガタデザイン社長が協定書に署名。皆川市長は「農業の担い手育成・確保は難しい課題だが、6者の連携で支援体制を確立し、全力を挙げて取り組む」と述べた。

協定を締結した6者の代表者ら=24日、鶴岡市役所
協定を締結した6者の代表者ら=24日、鶴岡市役所



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field