文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 2月3日(日)付け紙面より

萬国屋 古窯傘下で新体制

 鶴岡市あつみ温泉の老舗旅館「萬国屋」が1日、上山市の旅館「古窯」(佐藤洋詩恵社長)に経営譲渡され、古窯傘下による新たな体制で経営が始まった。「萬国屋」の名称を引き継ぎ、パートを含む約150人の雇用も維持する。萬国屋は設備投資に伴う債務が負担となっていたが、主力銀行の荘内銀行は同日、再生支援を目的に債権21億7900万円を放棄したと発表した。萬国屋を運営する会社の新社長には古窯の佐藤太一専務(41)が就いた。

 萬国屋は江戸時代の寛文年間(1661―72年)創業とされ、350年ほどの歴史を有する県内有数の歴史を持つ旅館。1994年に10階建ての新本館「楽山楽水」が完成し、現在の客室数は135室、793人収容。大型の設備投資に伴う債務が経営負担となり、創業家一族が退任して経営再建を進めていた。

 将来を見据え県内外の企業と連携を模索する中で、同じ県内の古窯に絞って経営譲渡の調整に入っていた。全国的に知られる接客や経営手法など古窯のノウハウの提供を受け、収益力向上につなげる判断だった。古窯から社長に佐藤太一氏、副社長に荒井稔氏、専務に中川清昭氏の3人が就き、旧萬国屋の大滝春一氏は常務取締役に留任。古窯の買収額などは非公表。

 萬国屋の新たな社長に就いた佐藤氏は荘内日報の取材に「全国的に知られる内陸と庄内の2大旅館の強みを生かし、県内の観光を盛り立てていきたい。管理部門や共同仕入れなど共通化できる部分も多い。萬国屋の豊富な湯量と恵まれた庄内の食に力を入れて誘客を図り、インバウンドや若年層の取り込みも視野に入れ、リブランディングしていきたい」と再建への意気込みを語った。地元と連携したあつみ温泉街のまちづくりにも積極的に加わる考えを示した。

 古窯は1951(昭和26)年創業。2008年に山形市の「悠湯の里 ゆさ」を取得し、経営する旅館は上山市の「おやど 森の音」を含め3カ所あり、萬国屋は庄内で経営する初の施設となる。

 一方、荘内銀行は萬国屋の債権放棄に伴う損失は引き当て済みで、今年3月期の業績予想に変更はないとしている。



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field