文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 2月19日(火)付け紙面より

今年11月酒田「黒森歌舞伎」ポーランド公演

 今年11月に酒田市の黒森歌舞伎(県指定無形民俗文化財)がポーランド公演するのを前に、駐日ポーランド大使のヤツィク・イズィドルチク氏が17日、同市黒森の日枝神社を訪れ、境内で奉納上演された同歌舞伎の正月公演を鑑賞した。イズィドルチク大使は「感動した。ポーランド公演は絶対に成功すると思う」と同歌舞伎が両国の絆として果たす役割への期待を述べた。

 黒森歌舞伎は江戸中期の享保年間から約280年にわたり黒森地区で受け継がれている農民芸能。ポーランド公演は、同歌舞伎を調査したことがある同国の日本文化研究者イガ・ルトコフスカさんを通じ、ポーランド・日本国交樹立100周年の今年、日本文化を紹介する一環で、日本の約170の地芝居の代表として公演するよう要請を受けた。伝承組織の妻堂連中(冨樫久一座長)の約50人が市などの助成を受けて11月、同国を訪れ、ワルシャワとクラクフの両都市で公演する予定だ。

 今回は、市と妻堂連中、黒森歌舞伎ポーランド公演実行委員会(実行委員長・冨樫座長)が16―18日の2泊3日の日程でイズィドルチク大使を招待。16日は土門拳記念館や相馬樓、玉簾の滝、17日は鶴岡市の加茂水族館などを見学した後、黒森・日枝神社で、参議院日本ポーランド友好議員連盟会長の中曽根弘文参院議員や丸山至市長と共に、妻堂連中の本狂言「ひらかな盛衰記」の1幕を鑑賞した。厳寒期に屋外で鑑賞するため「雪中芝居」とも呼ばれる黒森歌舞伎。防寒着に身を包んだ大使は、膝掛けや湯たんぽのサービスに喜びながら、興味深そうに見入った。

 鑑賞後、イズィドルチク大使は本紙の取材に対し、「感動した。東京でも歌舞伎や能は見たことはあるが、こうして屋外で鑑賞したのは初めてで、とても印象深いものになった。ポーランドでは日本の文化に興味を持っている人がとても多く、黒森歌舞伎の公演は絶対に成功すると思う」と語った。

 また、酒田市や庄内の印象については「自然に恵まれ、海や山もきれいで、美しい。玉簾の滝の雪景色にも感動した。加茂水族館のクラゲや土門拳記念館の展示もとても興味深く、クラゲや土門の写真の展示をポーランドで実現できたら素晴らしい。日本の地方都市と母国が交流するのは良いことで、こうした交流をさらに発展させていきたい」と語った。

 大使は本狂言の幕あいに楽屋を訪れ、役者たちとも交流した。

黒森歌舞伎を鑑賞するイズィドルチク大使(中央)。左は中曽根氏=17日午後、酒田市黒森・日枝神社
黒森歌舞伎を鑑賞するイズィドルチク大使(中央)。左は中曽根氏=17日午後、酒田市黒森・日枝神社



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field