文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 2月21日(木)付け紙面より

庄内で働き暮らす将来像 先輩たちが魅力伝える

 若手社員を対象にした庄内地域同期会「ルーキーズカレッジ」が19日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれた。社会人の先輩たちの体験談を聞き、庄内で働き暮らす将来像を考えながら交流を図った。

 同じ地域で働く若手社員の同期コミュニティーの形成を図り、離職防止や地元定着にもつなげようと県庄内総合支庁と鶴岡市、フィデア総合研究所が開催。同市などが本年度に設立した「地域同期会」と連携を図った。

 この日は製造や金融、福祉、建設、サービス業などの事業所から入社1~3年の若手社員50人が参加。県内のまちづくり活動などに取り組む「Idea partners」代表の山本一輝さんを講師に迎えた。

 初めにバイタルネット鶴岡支店の高木涼太さん、アトリエイマジンの上野裕太さん、パソコンくらぶたんぽぽの菅原ひとみさんの社会人の先輩3人がゲストトーク。高木さんは新人時代を振り返り「分からないことばかりで先輩の行動のまねをしていた。がむしゃらにやっていたが、今思えばもっと先輩方に聞けばよかったと思う」、上野さんは仕事のやりがいや心掛けていることについて「建築した家が形になるとうれしい。現場の職人は無口で言葉がきつい人も多いが、しっかり自分の考えを伝えるようにしている」、菅原さんは将来の目標などについて「パソコン以上の教室経営を心掛けている。地元組の仲間がいるから頑張れる。庄内で子育てできた幸せ、これまで頂いた恩を返していけたら」などと語り、若手社員たちの質問に答えていた。

 その後、山本さんのリードでこれまでの自分を見つめるキャリアデザインシートを作成するワークショップや交流会を行い、同じ地域で働く仲間として一緒に学び合い、親睦を図った。

庄内地域で働く先輩の声を聞く若手社員たち
庄内地域で働く先輩の声を聞く若手社員たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field