文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 3月9日(土)付け紙面より

24年度までの県立高再編整備計画案 加茂水、鶴南、酒西1学級減

 県教育委員会は7日、県立高校再編整備計画(計画期間2015~24年度)の年次計画案を公表した。これまで1年ごとの公表を行なってきたが、地元自治体や関係団体の要望を受けて24年度までの計画案を一括公表した。庄内関係では、23年度以降に加茂水産、鶴岡南、酒田西の3校が1学級ずつの減となる。

 県教委がこれまでに公表した20年度までの年次計画で、庄内関係は鶴岡南高山添校(普通科)が20年度で募集を停止する。また、田川地区の県立高校再編整備計画(第2次計画骨子案)に関して、庄内総合は22年度に全日制を1学級減らし、定時制・通信制を新設することが示されていた。

 これに加え、今回示された24年度までの計画案では、23年度に加茂水産が現在の水産科2科(海洋技術科、海洋資源科)が1学級減となる。また、24年度には鶴岡南(普通科4学級、理数科1学級)が普通科1学級、酒田西普通科(19年度は3年が5学級、1、2年は4学級)は1学級がそれぞれ減と示された。

 県教委高校改革推進室によると、「少子化に伴う入学定員割れなどの現状へ対応するとともに、1学年当たり4~8学級といった高校として望ましい規模を確保して教育の質向上と学校の活力保持を図りたい」と話している。

 年次計画案は1年程度の周知や意見聴取期間を経て来年3月の県教育委員会で決定する予定。

中高一貫校で県教委 18日に5市町懇談会

 県教委は7日、庄内地区に設置を検討する中高一貫教育校に関して、18日に庄内5市町の代表者との意見交換を目的とした懇談会を開催すると発表した。

 7日の県議会文教公安常任委員会で、佐藤藤彌委員(酒田市・飽海郡区選出)の「先月、庄内地区で行われた第1回懇談会で教育長が『2024年度までの開校は厳しい』と認識を示した。今後、設置に向けた進め方はどうなるのか」といった質問に対し、廣瀬渉教育長は「今月13日の定例教育委員会で協議する」と答えるとともに、18日に第2回懇談会を開催することも明らかにした。懇談会の場所や開催時間は週明けにも発表される予定。

 中高一貫校については、鶴岡南高と鶴岡北高を統合して県立の新中学校を併設する案を県教委が示しているが、先月12日の第1回懇談会では鶴岡市と三川町が賛成、庄内町が条件付きの賛成に対し、酒田市は「教育面だけでなくまちづくりにも影響がある。鶴岡南、鶴岡北以外を拠点としてほしい」と意見が対立した。



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field