文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 3月13日(水)付け紙面より

8年ぶりNB市へ中学生派遣

 姉妹都市盟約を結ぶ米国ニュージャージー州ニューブランズウィック(NB)市に派遣される鶴岡市の中学生親善訪問団のメンバーが11日、市役所を訪れ、皆川治市長に意気込みを語った。

 両市は元庄内藩士・高木三郎がNB市にあるラトガース大で学んだことを縁に1960(昭和35)年に姉妹都市盟約を締結。民間レベルを含め交流を深めている。中学生の派遣は1994年に始まり、今回が8年ぶり11回目。市教育委員会の募集に応じ面接などで選考された鶴岡一中2年の渡邉柚さん(13)、鶴岡二中2年の後藤由樹君(14)と富樫永理奈さん(14)、1年の今間陽南乃さん(13)、鶴岡五中1年の吉田壮一郎君(13)、羽黒中2年の長南沙羅さん(14)の6人と団長の尾形圭一郎市教委学校教育課長、引率教諭2人の計9人が、今月23日から29日まで米国を訪れる。

 出発の報告で尾形団長は「みんなにとって貴重な経験になる。両市の未来に向け絆を深めてきたい」とあいさつ。派遣される生徒たちは「ホームステイで米国の文化や生活を体験したい」「NB市の皆さんに鶴岡の良さを伝えたい」「自分の英語がどれだけ通じるか試したい」など抱負を語った。

 皆川市長は「これからの励みになるようチャンスを生かし、しっかり学んで交流してきてほしい。楽しみながら鶴岡の代表として頑張ってきて」と激励した。親善訪問団はNB市の家庭にホームステイしながら、日本の中学校に当たるミドルスクールでの一日体験入学、ジェームズ・ケイヒル市長への表敬訪問、図書館見学、ニューヨーク市内で国連本部や自由の女神像の見学などを予定している。

8年ぶりに姉妹都市・NB市に派遣される親善訪問団の中学生たち=11日、鶴岡市役所
8年ぶりに姉妹都市・NB市に派遣される親善訪問団の中学生たち=11日、鶴岡市役所



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field