文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 3月19日(火)付け紙面より

酒田西、酒田南茶道部「ひなまつり茶会」

 「春灯(とも)し―酒田雛(ひな)街道」=4月3日(水)まで=の関連イベントとして16日昼、酒田市中町一丁目のさかた街なかキャンパスで高校生による「ひなまつり茶会」が開かれ、酒田西、酒田南両校茶道部員のたてたお茶を市民や観光客が味わった。

 「―雛街道」に合わせて同市の中通り商店街振興組合(菅野弘幸理事長)が毎年、美しいひな人形の数々とお茶を同時に楽しんでもらおうと、市内各校の茶道部の協力で開催している茶会。この日は両校の部員計11人が参加した。

 周囲に展示された酒田南高美術部による作品、飽海地区高校文化連盟茶道専門部長を務める齋藤善明和順館高校長(天真林昌学園理事長)の筆による短冊「和顔愛語」、梅の花が華やいだ雰囲気を醸し出す中、立礼でおもてなし。午前11時のスタートとともに大勢の市民が訪れた。

 日頃の練習成果を披露した部員たちの心のこもったもてなしに訪ずれた人たちは笑顔を浮かべていた。佐藤乙華酒田南部長(2年)は「これからも心を込め、もてなしたい」、高橋翔月酒田西部長(同)は「1年生にとって初めての茶会。全員が頑張っていた」とそれぞれ話した。

高校茶道部員たちのもてなしを受ける市民ら
高校茶道部員たちのもてなしを受ける市民ら



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field