文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 3月31日(日)付け紙面より

温海地域の在来作物「焼畑あつみかぶ」 GI登録目指し申請

 鶴岡市は、温海地域の在来作物「焼畑あつみかぶ」について、地理的表示(GI)保護制度の登録申請を行った。申請は26日付で、国が28日に申請の事実を公示した。同市からの申請は今回が初めて。

 焼畑あつみかぶは、焼き畑農法で200年以上栽培されている在来種のカブ。生産振興、ブランド力向上に向け、生産者や加工・販売、JA、市などは「焼畑あつみかぶブランド力向上対策協議会」(忠鉢孝喜会長)を設立し、優良種子の保存やオリジナルロゴマークの商標登録、生産技術向上のための講習会開催などの取り組みを進めている。

 GI登録は同協議会が申請した。却下されなければ、今後、現地調査や学識経験者の意見聴取などが行われる。登録までには半年程度かかるとみられる。市は登録によって知名度向上、生産者の意欲の向上、農業所得の拡大につながるものと期待している。

 県内では、県産清酒「山形」や「米沢牛」、「東根さくらんぼ」などがGI登録されている。

GI登録を目指し申請が行われた「焼畑あつみかぶ」
GI登録を目指し申請が行われた「焼畑あつみかぶ」



日付の新しい記事へページを移動する

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field