文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 4月19日(金)付け紙面より

「四季島」の乗客おもてなし

 JR東日本の豪華寝台列車「TRAIN SUITE四季島(トランスイートしきしま)」の本年度の運行が始まり、羽越本線の鶴岡、あつみ温泉両駅で18日早朝、歓迎と見送りのおもてなしが行われた。

 四季島は2017年5月1日に運行開始。運行コースのうち最長の3泊4日コースが最終日の4日目に羽越本線を走り、県内では唯一、両駅に停車。下車観光でバス移動による加茂水族館の「早朝クラゲ観賞」、同温泉でのしな織製作見学と朝風呂の選択プランを用意し、地元関係者が出迎えや見送りを毎回継続している。 本年度は今月15日に運行が始まり、11月14日まで26回運行される。

 本年度1回目の到着となった18日、鶴岡駅で荘内武者隊による剣劇で出迎え。あつみ温泉駅では約40人による歓迎と見送りが行われ、30人の乗客に鶴岡産のブルーベリージュース振る舞い、しな織のしおりプレゼントが行われた。若松邦彦あつみ温泉観光協会長は「四季島のルートに駅名が表示され、全国へのあつみ温泉の認知度も年々アップしている」と話した。

あつみ温泉駅で行われた四季島のおもてなし
あつみ温泉駅で行われた四季島のおもてなし



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field