文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 4月23日(火)付け紙面より

南洲翁レリーフ建立

 鶴岡市馬場町のタブの木広場に、明治維新の立役者の一人で庄内とつながりの深い西郷南洲(隆盛)翁の尊顔をあしらったレリーフが建立され、21日に除幕式が行われた。鶴岡ロータリークラブ(RC、武田啓之会長)が、クラブ創立60周年記念事業の一環で制作したもので、同RCが30年前に建立した「敬天愛人」碑のそばに、南洲翁の顔のレリーフ像が新たに加わった。 

 南洲翁のレリーフ像は、鶴岡RCが同市上畑町出身の彫刻家、加藤豊さん(70)=さいたま市在住=に依頼し制作した。レリーフはブロンズ製で、加藤さんが南洲翁のさまざまな肖像画や東京・上野にある西郷像をモチーフに制作。縦80センチ、横60センチの楕円(だえん)形で、立体的な浮き彫り細工で仕上げた。このレリーフを高さ約2メートル、幅約1メートル、厚さ約20センチの白御影石にはめ込み、「西郷南洲翁像」として建立した。

 タブの木広場には、鶴岡RCが創立30周年に建立して鶴岡市に寄贈した南洲翁の遺訓「敬天愛人」碑があり、碑の脇に新たに建立した南洲翁像も60周年記念で同市に寄贈した。

 除幕式には同RC会員や鶴岡市などの関係者約50人が出席。皆川治市長、旧庄内藩酒井家第18代当主の酒井忠久致道博物館長、南洲翁と「徳の交わり」を結んだ菅実秀の子孫の菅秀二さん、水野貞吉荘内南洲会理事長、制作者の加藤さん、武田会長の6人が除幕した。白布が外され南洲翁のレリーフが現れると、出席者から「おー」「素晴らしい」と歓声が上がった。

 武田会長は「南洲翁は庄内の大恩人。昭和から平成に代わる時に敬天愛人碑が建立され、平成から令和に代わるタイミングでレリーフが建立されたのも何かの縁。徳の交わりから1世紀半になるが、あらためてこの地の歴史に思いをはせるきっかけになれば」とあいさつ。皆川市長は「今年、鶴岡市と鹿児島市の兄弟都市盟約50周年を迎える、新たな時代を迎える中で、次代の子どもたちに歴史を伝える素晴らしいレリーフに感謝する」。酒井さんは「南洲翁遺訓をはじめ、南洲翁の心を受け継ぐレリーフができたことを、とても喜ばしく思う」と述べた。

 加藤さんは「立体的な厚みが出るよう努めた」など制作過程を紹介した。

「敬天愛人」碑のそばに、新たに南洲翁のレリーフ像が建立され、記念の除幕が行われた=鶴岡市・タブの木広場
「敬天愛人」碑のそばに、新たに南洲翁のレリーフ像が建立され、記念の除幕が行われた=鶴岡市・タブの木広場



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field