文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 5月24日(金)付け紙面より

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5キロ20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12キロのうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5キロについて、2020年度までに開通すると発表した。日沿道が秋田県境側に向かって北に延伸する形となり、遊佐町に高速道路が達する。

 酒田みなと―遊佐間は2009年度に新規事業化され、国交省が現在、建設工事を本格化させている。全体事業費約310億円。17年度末の事業費ベースの進捗(しんちょく)率は約44%、用地買収の進捗率は約93%。インターチェンジ(いずれも仮称)は「遊佐比子」「遊佐十里塚」「遊佐鳥海」が設けられる。設計速度80キロの2車線で、開通後は無料区間となる予定。

 建設は酒田みなとICから遊佐比子ICにかけて集中的に行われ、日向川橋の建設や県道や市道を横断する橋の工事、藤塚地区などで改良工事が進められている。遊佐比子ICは酒田方面との間での乗り降りのハーフインターとなる。本年度は国の当初予算に50億3000万円が盛り込まれた。

 酒田みなと―遊佐比子間が開通すれば、重要港湾・酒田港を核とした物流の活性化、観光振興、救急搬送エリア拡大などへの効果が期待される。
           

日沿道酒田みなと―遊佐間の工事状況図(国交省酒田河川国道事務所ホームページより)
日沿道酒田みなと―遊佐間の工事状況図(国交省酒田河川国道事務所ホームページより)



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field