文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 6月12日(水)付け紙面より

温海川にカルガモ親子

 鶴岡市のあつみ温泉街を流れる温海川に、カルガモの親子が現れ、住民らのアイドルになっている。

 近くの住民が8日、あつみ温泉萬国屋と日々喜酒店の間付近の温海川で見つけた。親ガモ1羽に子ガモ12羽。近くで営巣しているとみられ、列になって親鳥の後を付いていく姿が住民の間でひそかな話題になっている。

 日々喜酒店の齋藤禎子さん(61)によると、これまで成鳥が飛来してくることはあったが、営巣しているのを見るのは初めてという。「5年以上前からパンを与える人もいるし、安心な場所だと定着してくれたのかも。無事にみんな巣立ってほしい」と温かいまなざしを向けた。

あつみ温泉街の温海川で過ごすカルガモの親子=10日午後
あつみ温泉街の温海川で過ごすカルガモの親子=10日午後



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field