文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 6月15日(土)付け紙面より

鶴岡東高の体育祭に米コロラド中高生参加

 本県と姉妹州の米コロラド州デンバーの中高生14人が5―15日の日程で鶴岡市を訪れ、ホームステイや学校訪問、観光などを通して日本文化に触れている。14日は鶴岡東高(齋藤哲校長、生徒678人)の体育祭に参加、共に汗を流して交流した。

 同州のNPO「ユース・イン・アクション」(ジョアン・ハラダ代表)が2003年から毎年実施している日米交流プログラムで訪問。今年は13―19歳の男女が3日に来日、7月2日の帰国まで広島や熊本を訪れる。鶴岡市への訪問は、出羽庄内国際村で毎年受け入れており、今回は鶴岡東高のほか羽黒高、鶴岡中央高、朝暘第五小も訪問し、授業や茶道を体験。国際村でのワールドバザールへの協力、絵ろうそく作りなどにも取り組んだ。

 2年に1回開催される鶴岡東の体育祭への参加は前回に続いて2回目。コロラドの中高生たちは4組に分かれ、玉入れや障害物競走、応援合戦、綱引きなどの一部種目に出場。炎天下の同校グラウンドで日本の高校生たちと一緒になって汗を流した。

 リビア・ベントリーさん(17)=デンバー市立イースト高校4年=は「協力プレーやみんなの応援が楽しい。訪問先ではみんな一生懸命働いているのが印象に残った。コロラドでも鶴岡をPRしたい」と笑顔で話した。

コロラドから訪れた中高生たちが鶴岡東高の体育祭に参加
コロラドから訪れた中高生たちが鶴岡東高の体育祭に参加



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field