文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 6月23日(日)付け紙面より

ごみ不法投棄 花植えで改善

 海水浴客でにぎわう鶴岡市湯野浜地区で、長年問題となっていたごみステーション周辺への不法投棄が花植えで改善している。地元の町内会が2017年から独自で取り組んでおり、2年連続でごみは「ほぼゼロ」の状況という。関係者は「環境美化の訴えが効いているのかも」と驚いている。

 市の緑化事業の助成を受けて、湯野浜2町内会(阿部正夫会長)が実施している。

 同町内会では、海水浴シーズン中、湯野浜小やコンビニエンスストアを中心に、ごみステーション周辺への不法投棄に悩まされてきた。分別されないごみは回収されず、周辺住民から苦情が寄せられていたという。

 ごみステーションの塗装や造りを手の込んだものにしたり、ごみステーション周辺を「井戸端会議場所」として住民が常駐してみたりと工夫してきたが改善せず。そんな中妙案として取り組んだ花植えが大きな効果を生んだ。

 今年は8つあるごみステーションに設置。計24個のプランターへの花植え作業に22日、住民7人が取り組んだ。ベゴニアやマリーゴールドなど秋まで楽しめるという花の苗をプランターに植栽。阿部会長は「花が良心に訴え、きれいな場所に不法投棄しては良くない、と思ってくれているのだろう。もちろん今後も続けていきたい」と話した。

プランターへの植栽に取り組む湯野浜2町内会の住民
プランターへの植栽に取り組む湯野浜2町内会の住民



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field