文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 7月9日(火)付け紙面より

除草やごみ拾い 市民クリーン大作戦

鶴岡公園周辺で600人参加 鶴岡小さな親切の会

 鶴岡「小さな親切」の会(会長・上野雅史荘内銀行頭取)のクリーン大作戦が7日早朝、鶴岡市の鶴岡公園と周辺で行われた。

 全国組織の小さな親切の会が各地で一斉に展開している「日本列島クリーン大作戦」の一環で、会員事業所など約30団体と個人も含め約600人が参加。開会行事で上野会長が「このクリーン大作戦は37回目を迎えた。今年は過去最高の参加者となり、大作戦を通して思いやりの心が大きく広がることを期待している」と主催者あいさつし、山口朗副市長が来賓あいさつで市民の協力に感謝した。

 クリーン作戦は午前6時から約1時間行われ、参加者たちは7つの班に分かれて除草やごみ拾いなどの清掃活動を繰り広げた。中には親子連れの参加者もあり、子どもたちも大人に交じって作業し、環境美化に汗を流していた。

 この日は県下一斉の河川・海岸愛護デーに合わせ、各地で住民参加のクリーン作戦も繰り広げられた。

タブの木広場やタクト周辺も 鶴岡RC

 鶴岡ロータリークラブ(RC、菅原成規会長、会員30人)は7日、鶴岡市馬場町のタブの木広場など中心市街地で清掃奉仕活動を繰り広げ、爽やかな汗を流した。

 この日は若手メンバーでつくる鶴岡ローターアクトクラブの会員4人と合わせて約30人が参加。市役所敷地の市民憲章碑や荘銀タクト鶴岡駐車場周辺など4カ所に分かれて奉仕活動を行った。このうちタブの木広場には鶴岡RC創立30周年記念で建立した西郷南洲(隆盛)翁の遺訓「敬天愛人」の碑、創立60周年記念で今年4月に建立した南洲翁の尊顔をあしらったレリーフ像などがあり、庄内と南洲翁のつながりを紹介している。

 会員たちは碑やレリーフ、タブの木周辺の落ち葉を掃き集め、ごみや枝を拾い、ベンチ下の草むしりをして市民の憩いの場をきれいにしていた。

鶴岡「小さな親切」の会のクリーン大作戦で除草作業を行う参加者たち
鶴岡「小さな親切」の会のクリーン大作戦で除草作業を行う参加者たち

タブの木広場で奉仕活動を行う鶴岡RCや鶴岡ローターアクトの会員
タブの木広場で奉仕活動を行う鶴岡RCや鶴岡ローターアクトの会員



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field