文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 7月10日(水)付け紙面より

コーオプ教育の拡充に期待

 鶴岡工業高等専門学校(鶴岡市、高橋幸司校長)と東北エプソン(酒田市、外山義信社長)は8日、教育・研究開発に関する包括連携協定を締結した。同社生産現場などでの技術課題解決に教員、学生、企業の3者が協働で取り組み、教育効果や学生の地元定着、同社の技術開発力強化、同校研究シーズの社会実装などにつなげる。同社にとって教育機関との共同研究の協定締結は初。

 同社は、同校の中期インターンシップ制度「CO―OP(コーオプ)教育」の提携企業の一つ。これまで10人の学生が夏季など2週間程度の休暇期間を活用して実践的な企業実習を重ね、うち1人の就職にも結び付いている。

 今回の協定締結で産学間のより円滑な連携を図り、同校地域連携センターと連携して教員・技術職員らが企業の課題解決に関わるとともに、コーオプ教育を拡充させ、同社での実習を終えた学生たちが、学校でも実習での同一テーマを引き継いで取り組んでいく。

 8日の協定締結式では、会場となった鶴岡高専に外山社長らが訪問。高橋校長が「連携に学生たちをうまく巻き込み、教員、研究者のレベルも引き上げ、循環型の組織を目指したい。素晴らしい技術力、開発力を持つ東北エプソンと一層の連携を図っていきたい」、外山社長が「まずはインクジェットプリンター製造のプラズマ処理過程の諸課題解決を共同で進めていく。連携で新たな成果に結び付くことを期待」とあいさつし、それぞれ協定書に署名した。

 今後同校では、同社へのコーオプ教育参加希望の学生を募り、取り組みを進める。

締結を交わし笑顔を見せる高橋校長(右)と外山社長
締結を交わし笑顔を見せる高橋校長(右)と外山社長



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field