文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 7月12日(金)付け紙面より

月山ジオパーク推進協規模縮小 名称「月山フォーラム」に

 月山地域の「ジオパーク」認定を目指して活動してきた月山ジオパーク推進協議会(会長・皆川治鶴岡市長)が名称変更して規模縮小、出直しを図ることが10日決まった。この日、鶴岡市手向地区地域活動センターで行われた本年度総会で決まったもので、新しい名称は「月山フォーラム」となった。今後月山エリアの活性化に向けた課題に連携して取り組む。

 同協議会は2015(平成27)年に設立された。ジオパークとは「地質遺産」の意味。東西で全く異なる山の姿を持つ月山について地理・文化面でそれぞれ結び付きがある5市町村(鶴岡市、庄内町、西川町、大蔵村、戸沢村)が連携して結成。翌16年、日本ジオパークネットワーク新規認定審査に挑んだが、認定は見送りとなった。

 フォッサマグナを抱える「糸魚川ユネスコ世界ジオパーク」などと比べると環境的に地味で今後の見通しを含め、認定は難しいと判断した。

 今年2月、関係45団体には、既に方針変更の見解を伝えていたため総会で混乱はなかったが、今後の活動を不安視する声が上がった。庄内町の関係者からは「例えば秋田県にかほ市(鳥海山・飛島ジオパーク)には熱心度などで遠く及ばなかった。ただせっかくここまで来たのだから、しっかりした計画で活動を続けてほしい」、西川町の月山志津温泉・志田昭宏旅館組合長は「地元の学校関係者ら、本当に一生懸命運動をしてくれた。残念でならない。今後の月山をめぐっての広域連携は何を軸にするのか」と懸念した。

 さらに出席者からは「予算を見る限り、今年で活動終了に見える」と規模縮小を心配する発言もあった。これらを受けて総会議長を務めた皆川鶴岡市長は「名称が変わっても情報を収集して、適切な判断をする。ジオパーク構想に情熱を失ったとは考えていない」と述べた。



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field