文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 7月21日(日)付け紙面より

鶴岡市と昭和女子大 連携協力の包括協定締結

 学生のフィールドワークを通じてつながりのある鶴岡市と学校法人昭和女子大(東京都世田谷区、坂東眞理子理事長・総長)が、地域社会の持続的な発展を目的にした連携協力に関する包括協定を結んだ。来月初旬には同大の学生6人が鶴岡市役所へのインターンシップの形で訪れ、同市の資源を活用した新たなビジネスプランづくりに取り組む。

 坂東総長は、10年前に鶴岡で開かれた講演会に講師として訪れたことがある。また、2018年度までの3年間は同大の学生たちが鶴岡を「食の博物館」に見立て、鶴岡の魅力を開拓・PRする体験・滞在型プロジェクトを展開。外国人留学生に向けたインバウンドツアーの商品を企画するとともに、ツアーを実施するなどして鶴岡と同大の連携・協力が深まった。

 包括協定締結は、昭和女子大側が提案した。同大が地方の都市と協定を結ぶのは富山県朝日町に次いで2例目という。相互の人的資源、知的・物的資源を活用し、▽地域振興や地域コミュニティーの推進▽教育文化の振興▽農林水産や商工観光の振興▽健康と福祉の増進―などについて連携協力していく。

 協定締結の調印式が17日、昭和女子大本部であり、皆川治市長と坂東総長が包括協定書に調印した。調印後、坂東総長は「鶴岡市は豊かな自然、旧藩校致道館をはじめとする非常に高い文化、温かい人柄の良さなどがある。スパイバーなど生まれも育ちも東京の人たちが鶴岡に根を下ろし、新たな企業も起こしている。よそから来る人を引き付ける力がある地域が成長する。鶴岡はまさにそうした地域であり、そのまちと協定締結でき大変ありがたい」と期待を寄せた。

 皆川市長は「鶴岡の歴史、自然、文化、先端生命科学などを学生の皆さんから学んでもらい、私たちが気付かないような点について助言してもらい、若者に選ばれるまちにしていきたい」と述べた。

 今後、鶴岡での現地インターンシップ、都内のイベントでの鶴岡のPR、体験を通して触れた鶴岡の魅力発信などを相互連携で進めていく。

これまでの連携協力を基に包括協定を締結した坂東総長(右)と皆川市長=17日、東京・昭和女子大本部
これまでの連携協力を基に包括協定を締結した坂東総長(右)と皆川市長=17日、東京・昭和女子大本部



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field