文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 7月23日(火)付け紙面より

鶴岡・5商店街連携 ツナガル夏まつり

 鶴岡市の中心市街地の5つの商店街が連携した「商店街連携ツナガル夏まつり」が20日夜、連続する山王、銀座、南銀座の3つの通りの約1・2キロ区間を歩行者天国にして行われた。さまざまな飲食の販売や多彩なイベントが各通りで繰り広げられ、家族連れなど大勢の市民でにぎわった。

 山王、銀座、南銀座、みゆき、昭和の5つの商店街が、夏まつりイベントを同時開催することで盛り上げを図り、中心商店街に多くの市民を呼び込もうと、実行委員会を組織して初めて実施し、中心商店街に一大夏まつりロードを創出した。

 山王通りでは恒例のナイトバザールを開催。フリーマーケットや屋台村、ミニコンサートなどで盛り上げ、銀座通りでは「ぎんざ夏まつり」を実施し、昭和通り、みゆき通り両商店街のブースも出店。南銀座通りではビアガーデン、よさこい演舞、ジャズコンサートなどを繰り広げた。浴衣姿の若い女性が目立ち、イベントに華やかさを添え、子ども連れや若いカップルらが車両通行止めとなった3つの通りを歩きながら、5商店街連携による夏の大イベントを楽しんだ。

 実行委員長の鶴岡銀座商店街振興組合の阿部直人理事長は「何とか調整して本番を迎えられ、うれしい。初めての開催でさまざまな反省点が出てくるかと思うが、次回はさらなるにぎわいを創出できるよう頑張っていきたい」と話した。

歩行者天国の各通りではビアガーデンや多彩なパフォーマンスが繰り広げられ、大勢の人出でにぎわった
歩行者天国の各通りではビアガーデンや多彩なパフォーマンスが繰り広げられ、大勢の人出でにぎわった

浴衣姿の女性が夏のイベントに華やかさを添えた
浴衣姿の女性が夏のイベントに華やかさを添えた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field